日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

柿渋塗料ペンキ塗り

c0153732_0445295.jpg

3週間前に塗りはじまたペンキちゃん

東京いなかったので、乾いたソーラーフードドライヤーにようやく続きをヌリヌリ・・・

知り合いに教えてもらった柿渋塗料。なんと、ご親切にたくさんの試色塗料を入れてくださいました^^一色しか購入してないのに、こんなに!うれしい(^◇^)

変なシンナー臭さはまるでなく
鼻にも手にも優しいんです。
食材入れるものですから、気になりますよね。

ということで、いろんな色を試していたら、雑な性格が丸出し??
マスキングテープをしててもまるで意味ないほと、かなりいい加減な仕上がりにf^_^;

まぁ愛嬌ある、ということで★

案外黄色や茶色など、
濃い色の方が塗りやすく、見栄えもよさそうでした。

今週末雨になる前に、乾くといいなあ(⌒-⌒ )
[PR]
by tomomo05 | 2014-10-30 00:38 |

子どもと一緒にいると


こどもたちと一緒にいると

つい顔がゆるんで。
つい笑顔になって。
ついやさしい顔つきになる。

なんてしあわせなことでしょう。

一方、
厳しい社会の中で、我慢・忍耐で過ごしている毎日も、
強い精神力・考える力を養うことができますし
それはそれで、学ぶべきことだと思います。

同じ時代・同じ世界にして、まったく別の環境。

ただ、
こどもたちの周りに与えてくれる魅力は、あるがまま。

子どもたちと過ごした時間は
ひとりひとりの自然な魅力と
抜群の生命力に、
頭ではなく、身体とこころで感じ取った瞬間でした☆
c0153732_0375196.jpg

[PR]
by tomomo05 | 2014-10-28 00:35 | 子ども
c0153732_0334518.jpg

『こどもを育てていくことが、世界を平和にする』
かもしれない。

八千穂にいた2週間、わたしはそう感じる。

森のようちえん「ちいろば」さん。
まだまだ始まって2年目です。

それでも研修先と選んだ理由は、
純粋で前向きなこどもたちとその家族、そして地域性。
もちろん保育士のNホご夫妻のお人柄によるものです。

保育士としての立場と
保護者としての立場と
それを取り巻く環境と

全てが一体になってこその運営は
それはそれは難しいものだと思います。

しかし、それをいろんな側面から惜しみなく伝えてくださり、
実際保育現場に入ることで実感できるこの期間は、
大変実りあるものになりました。

先日19日日曜日に
あるお祭り「えんがわ」が開かれたんです。
こちらに参加できたことが大きかった!

お母さん達が、この秋まつりのために
春から企画し始めたとのこと。

わたしも以前、地域のマルシェなどで
企画や販売をさせていただいてましたが、
こちらは
『こども』がいる保護者主体のもの。

内容はもちろん、
想いも、できる範囲も時間にも限界があるようにみえるかもしませんが、、、どんどん可能性が広がっていきました。

『こども』の存在はそれはそれは大きいもの。
根っこにある【子を想う】気持ちは
全ての行動において、
【相手を思いやる気持ち】と通じますね。

【一個人の存在も認める】
ことにもつながる。

1日の内容はもちろん楽しいの一言ですが
それ以上に、
ちいろばを取り巻く環境と人に、よい“気”を感じていました。

平日は保育。
休日はその他のお手伝いも兼ねて
めいいっぱいの2週間も、日々のメリハリがあり。
わたしは大変体調がよく、疲れもまるでありません^^

以前3日間お世話になった時と比べて
子どもたちの顔の奥が、ちょっと先までのぞけたかしら。

各ご家庭のお母さんたちの愛情も含めて
これからも【育つ・成長】の現場に関わりたいと感じました。

“広い心を持ったおばあちゃん”になりたい
と思った10年前。
“おかあさん”の立場を通り、その先にあるものなんですよね。
どんな人にとっても
お互いを認め合いながら生きていく。

楽しく、きもちよい環境と関係性が築いてけることを望んで★

それにしてもこの季節。
八千穂の秋・すばらしい景色とおいしいお食事を
たくさんいただきました~!!
[PR]
by tomomo05 | 2014-10-27 00:28 | 子ども
c0153732_0282039.jpg

14日から、長野県八千穂の森のようちえん「ちいろば」さんで2週間の研修を受けてます。
というのも、ここ何か月か気になる森のようちえんを見学していまして。
自分のこれからの姿と、地域とのつながりの中で歩んでいっている【ちいろば】さんに、とても近いものを感じていたんですね(^.^)
今回は3度目の訪問。こどもたちの成長と会えるのがかけがえのない瞬間でもあります。

こちらの保育士さん。たまたまお腹大きくお母さんになる方が二人いらっしゃいます。生まれる1週間前までずっと園児たちと過ごしていたHさんとも再会。
これからのちいろばの楽しみは、こちら関わる全ての親子さんの暮らしと、ちいろば自身の成長がすべて。未来にワクワクを感じる存在であります。

今日で4日目終了。
かなり濃厚な時間を過ごさせていただいてます(^.^)
ちいろばっ子達、7月に会った時より目に見えて、お兄さん、お姉さんになってる^ - ^
2ケ月ぶりに見る子ども達とこれから2週間続けて会える姿とは、まるで違うでしょうね^ ^

これからお時間ある限り、つづってきます^ ^
[PR]
by tomomo05 | 2014-10-15 00:26 | 地域

いってらっしゃい


【いってらっしゃい】

人を送り出すときにつかう
この言葉。

わたしの場合は、自宅では、めったにつかいません。
「いってきます」が圧倒的に多いですが、、、
実際は、見送る方が好きなんですね。

それでも、今朝の「いってらっしゃい」はしんどかった。

父は先日「大腸がん」を告知され、
今日はその転移がないかどうかの結果を聞くべく出かけました。

特に昨日からはつらかったでしょうね。
珍しく人にあたって、わたしにも被害あり。
でもそれは仕方ないこと。

彼の留守中、いつものように、家のことこまごまや
準備すること、多々あり。
それでも、帰る時
「おかえりなさい」と待っているのは、母に任せ、
自分は出かけることにしました。

「いってきます!!」
そちらの方が、わたし、楽な気がします。

「いってらっしゃい」
そして
「おかえりなさい」

ふたつセットで毎日言える日。
それが、一番の幸せかもしれません。

父の身体には、幸いにも転移はないとのこと、さきほど聞き
ホッと一安心。。。
本格的に父の治療が始まるのは、兄の結婚式の後。

父にはもうしばらく
長生きしてもらわなきゃ。心から願う。

愚かにもわたくし。
「両親がいなければ・・・」と、できること、かなえられること、
何度考えたことあったでしょう。

でも、彼らの存在だけで、
果てしない大きな安心がある。
喜びがあり
笑顔がある、特に母が。

自分自身に、感じた一日。

今は、穏やかに、入院の話が笑ってできる3人の食卓。
[PR]
by tomomo05 | 2014-10-07 00:24 | 家族