日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大好きな常吉の地

c0153732_13484379.jpg

わたしがご縁のある地域のひとつ。

京都の北部、京丹後。
丹後ちりめんの土地です。

2年前からお付き合いがあり、何度も往復をしながら
このブログでも紹介させていただいています。
この地、京丹後でお世話になっている地域は、山合いの常吉と日本海側の此城地区。

常吉はわたしが関わろうと思ったきっかけになった、「百貨店」があるんです。
その「百貨店」がとうとう、閉店の時期になってしまいました。
c0153732_13564421.jpg

ちょうど震災前の1ケ月半です。​女性二人で百貨店とご一緒させていただきました★
私はおじいちゃんおばあちゃん、子供たちが大好きなので​、以前からこの百貨店の存在にあこがれていました。
何か他と違う、何かある、って。

その原点ってなんだろうって思うんです。

ただ販売が好き
ただお野菜が好き
ただ郷土料理が好き

もちろん地域おこしと呼ばれるリーダーの方がいる・・・
だからにぎわっている

それだけではなく、その場その人達だから生じる、不思議​な気が、
私たちをも元気にしてくれていたんです。

おじちゃん達が毎日仕事前に寄っていってくれます。
朝の缶コーヒー一杯を、わざわざお店に来てくれて買って飲んで、じゃー行くかーって張り切って出かけていきます。
おばあちゃんたちがお買い物に来て
買うものがなくても、おしゃべり数時間もすることあって​それで一日が終わることもあります
それでも笑顔になって帰っていく後姿を見るのは、わたしの方が元気になります。

2年前の3月、わたしが期間が終わる時は「存続させる​ためのイベント、こども百貨店」を考えましたが、持続しませんでした。
おじちゃん達が言ってくれます
「百貨店でなくなっても、うちらが年老いた時に集える場​所が、あったらそれでえ~んじゃ」って。イベントを何度​も続けていた人達には、それが解決策ではない、と思って​いたのかもしれません。

京丹後を来訪するときは、いつも常吉のおばあちゃんに顔​を出していきます。驚かせてしまうだけですが顔を見たくて。少しでも会話して「会いに来たよ」と言いたくて。

今更ですが、「百貨店」というのは、個人個人の存在を認​め合える場所なんですよね。ひとり暮らしのおばあちゃん​たちにとって、それは必要なこと。
現代社会にとって実生活においても、私たちにとっても必​要なことです。

百貨店という存在にあこがれていましたが
百貨店という環境を必要とし、作り上げていった皆さんが​いる事が、豊かな地域だと思います。
地域おこしという観点ではなく、住民のひとりが言っています「住​んで感じる“我が息子のため”」という身近でシンプルな​目標にたち帰って、わたしも一緒に考えていきたいと思います。
c0153732_1415859.jpg

[PR]
by tomomo05 | 2012-08-23 14:03 | 地域

今年もはじめ塾

c0153732_13274756.jpg

昨日8月20日は
田原はじめ塾の夏祭り、寮祭です。
1ケ月の夏合宿の最終日。こどもたちが一番楽しみにしてた、イベントです。
子供たちがみんなでお店を出す。
焼きそば、クッキー、かき氷屋。
木刀、弓矢、竹箸にお皿まで・・・

期間中に作った映画の上映。
マイクを使った演出や踊りや歌まで。

昨年から夏や春、の長期山合宿にはお世話になっています。
それは、「福島のこどもたち」の保養を、こころよく引き受けてくださったんです。

はじめ塾の塾生たちは
「自分が“今”できることをする」それが
結果自然と“支援”という形になっている
そう、考えてくれています。

1年ぶりに見る塾生のこどもたちはとても成長してる。
「自分たちの役割」が変わっていくんですね。
されてうれしかったことは、小さい子供たちが来たら、今度はそうしてあげる。
30日の合宿を受け身だった人は
今回は引っ張っていく立場になる。

家族では経験できないことを
子供たち同士の日常生活で、自然に体験して解決していく力を身につける。

昨日は浜松の友人が車を出してくれて
山から駅を何度も往復してくれた。

初めて参加したMちゃんは
知らず知らずに
個人の存在が認められてる、

ってことに、感動してくれた。

そう。
わたしも、ここに来て元気でいられたり、
わたしよりも、たくさんのこどもたちや親御さんに出会ってもらいたいって感じたのは

そんな理由からだった。

はじめ塾の生い立ちは長くて深い。
決して真似はできないけど
でも、こんな「個人」「個人」を認め合いながら
自分たちの環境を、丁寧に見つてあっていけたら

すばらしい世界になるんだろうなぁ!

地域にはそんな生き方を必要としている。

個人から
光り輝く社会を目ざして。

Mちゃん
はじめ塾のみなさん
どうもありがとうございました★
[PR]
by tomomo05 | 2012-08-23 13:28 | 地域