日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

こどもキャンプもいよいよ三回目。

毎回違ったテイストで
参加者みんなを魅了してくれる。
今度は金山の人たちが企画してくれました★

わたし、、、なんだか行っては悪いかなーなんて思っていたけれど
結局お邪魔しちゃいました~

福島のお母さんやこどもたち
そして金山の人たちと
ずっとサポートしてくれてる絆のみんなと会える機会は

ここでしかないですものねぇ

とっても甘えさせてもらしました★

12月の今回は
とても寒々しい日程だったけど、
それでも中身があったかい。
そば作り、笹団子作り、郷土料理、キャンドル作り、芋煮作り、、、、と今回は、アーティスティックというか
じっくり金山の伝統を体験できる時間でした。
c0153732_0303571.jpg

▲おばあちゃんと一緒にみんなでコネル!
c0153732_0304563.jpg

▲ブナ林を散策する予定が…あいにく雨。しかし…
c0153732_0375982.jpg

▲こんな美しいショットが撮れた!!精霊が宿っているよう(BYゴロ)
c0153732_0305324.jpg

▲金山名物の天然炭酸水のわき出る泉へ…足湯みたい(笑)
c0153732_031237.jpg

▲ここで作った笹餅を食べる~もち米だけなのに、笹の香がたっぷり。キナコをかけると絶品!
c0153732_0311114.jpg

▲二日目の夜は慣れた生活村にて飲み会…その前に各々個性豊かなキャンドルの出来上がり♪
c0153732_0441749.jpg

▲今年初!のクリスマスパーティ♪ちょっとした気遣いを忘れない。こどもたちもお母さんも感激。
ゲストで参加させてもらったワタシモとっても驚き!
c0153732_0455749.jpg

▲趣味でお菓子作りを担当してくれた、シェフ力作!でも、これも簡単素材ばかりだって・・・とても見えません!
そして、絆の仲間のWSもあり、、、と。アイディア満載の3日間。

第3回目とは思えないほどのつながりで
おかあさんやこどもたちはとても慣れ親しんだ感じ。
ほっくり笑みがこぼれました。

わたしはここにて退散!
東京にやらねばいけない事が。
途中でも快く受け入れてくださる、メンバーに感謝しつつです。
毎度毎度中途半端にかかわっていることに、今回ばかりはちょっと心残り。

でも、別の時に
きっちりお返ししよう。

この元気村は
数にしてまだまだ数回ですが
かなり濃い。
内容、というよりは
関わる人たちが、とても温かい人ばかりです。
お母さんたちの気持ちも、とても前向き。

今回はゲストで参加したわたしなので、
なかなか言えませんが

「元気村」っていう名前にぴったりの関わり方ができたのに
とてもありがたいなぁって感じます。
地域の人たちが元気で、自然もたっくさんあって

どんなふうに楽しめるかな
どんなふうに探せるのかな
どんな人と話せるのかな

いろんな「どんな」はまだまだたくさんあって
毎回「どんな」に出会うことが
楽しさにつながる。

地域のおもしろみって果てしない。

金山の「どんな」はこれからも
こどもたちの楽しみにつながるでしょうね。

また素敵な笑顔を見せてください★
[PR]
by tomomo05 | 2011-12-13 00:49 | 地域

月の半分

この前、第2回の奥会津こどもキャンプが終わったかと思ったら、
12月の頭に、第3回が企画されました★

その間、わたしはぐるっと他地域に行ったっけ。

今まで福島のお母さんたちの実情を聞きながら
自分のご縁のある地域とおツナギできたら、と思う。

無理なく、タイミングと心が「お母さん自身」を押し出すのなら、
それによって、ひとりひとりの生活に合った生き方が再開できるのなら

最大限お手伝いしたい。


島根に避難したお母様たちは
実はお台場に住んでいた方々で。
わたしは「福島」ではなく、「関東」から避難された方々の話を、
じっくり聞くことができた。

ある意味、別の衝撃や問題を受け、考える視点がいっぱいだった。

結果、
11月半ばで起こった現状と
12月頭で決定されたことは

真反対となってしまった。それはリスクを伴うものだった。
でも
これも、周りの環境と本人たちの現状が絡み合って出た、ベストなことだと思ってます。

たった2日間しかご一緒しなかったけど
とても意味深い時間。

だから
だからこそ
次へのステップに、共に考えていこうと思うし、


わたしも
しっかり暮らしたくなった。


月の半分は、東京にいる。
しかしいつも心は
地域を
人々のことを考えている。
[PR]
by tomomo05 | 2011-12-13 00:22 | 生きかた