日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

定番

c0153732_9271159.jpg

c0153732_9271187.jpg

ん〜今日の玄米ムシケーキもなかなかのおいしさ!
この2つの味は定番にしてもよさそう

①黒ゴマ、はったい粉、黒糖、塩、ひまわりの種、重曹
②きな粉、ピーナッツ味噌、酒粕、てんさい糖、ひまわりの種、重曹

今回は玄米は48時間浸水。フードプロセッサーで粉砕後一時間近く蒸す。食べるのは半日おいてからがうまい!

粉砕すると
玄米の栄養が損なわれて忍びない気もします。わずかとはいえ電気も使いますし。

オーブンなくて
お腹もちがよく
お米が飽きちゃって甘いものが欲しい時
ぜひお試しくださーい
[PR]
by tomomo05 | 2011-05-20 09:27 |

-

c0153732_224391.jpg

c0153732_224375.jpg

c0153732_224356.jpg

今夜の東京タワーはこんな顔です。
周りには花
何日かぶりにライトアップも華やかです
被災地にもこのような姿が早く戻ることを願って。
[PR]
by tomomo05 | 2011-05-18 22:04 |

朝ごはんムシケーキ

c0153732_17541585.jpg

朝ごはんに3種類のムシケーキ
中力粉と全粉薄力粉と玄米をベースに!
黒糖&玄米、抹茶&玄米、ココア&ピーナッツ味噌。
しかしやはり玄米を2日浸水させただけでは口に残ってしまい、コリコリ…涙

中力を使ったのでかなりお腹もちがよい。
次回は薄力粉ベースでアレンジしてみよう♪
[PR]
by tomomo05 | 2011-05-18 17:54 |
被災地から帰ってきた翌日、
以前から予約してたシンポジウムに出かけます。

5月14日。

明治学院大学で開催されたもので、大盛況。
http://www.alterna.co.jp/5668

トランジッションタウンの概要、
藤野と葉山の代表から話が始まります。
「脱石油」「脱原発」というエネルギー転換をヒトツの切り口として考えながら、最終的には「脱依存」という考えへ。
便利・快適といわれる現代社会(=身の丈を超えた社会)に振り回されないように、というメッセージです。
身の丈を超えた社会・・・「エネルギー」の考えに返ると、
「石油や原子力などの再生不可能なエネルギー」に代わるのは、なにも「風力や太陽光」でだけではなく、創造力でもある。市民から起こる再生可能なエネルギーだ!とする考えです。

みなさんのトークに一環する言葉は
【レジリエンス】=底力=しなやかな強さ

何かあってもまた戻ってこれる、立ち直れる「再起力」
一見無駄に見える。いつもは不要なものであり遊軍ではあるが、
長期的な時間軸として考えると本当に大切なものが見えてくる。
今の世の中は、短期的効率のみを重視する傾向。今さえよければ・・・という考えが天敵。

枝廣さんは大変わかりやすいメッセージでした。
世代を超えた人たちに納得のいく話。
特に「レジリエンスのあり方として行動起こす時
「世界にとって“よきこと”をしていても、行き過ぎず、止まることができるか?」
「足るを知り、そこで止まる知恵を養う」=どこがリミットなのかを見極める
ことが必要だと。


藤村靖之さん(非電化工房主宰)からのメッセージには、
「稼げば稼ぐだけ・・・」「大きいことをやろうとすると抵抗力はより大きくなる」
「いいことを楽しくやって幸せ」「世界を変えることはできないけど、自分達の生活をよくすることはできる」
こういった考えを一人ひとりが持つことで、結果世界が変わっていく。

「小さければ小さいほどいい。小さな花をたくさん咲かせて、それを全国に広めてください。そういう形でしかこの国は 変わらないかもしれない」と。

トランジッションの考え方がとてもしっくりきます。
そして今、震災をきっかけに更に必要性を感じます。

ひとりひとりが
無理なく
楽しく
目の前のある、必要な求められている小さなこと
こなしていく。

みんなで
ひとつひとつ。
[PR]
by tomomo05 | 2011-05-18 12:27 | イベント

5月11日。
その日は石巻にて。

震災があった時間は、
それぞれの想いを持って、
それぞれの場所で過ごしました。

c0153732_1412478.jpg

▲時計が止まっているこの時刻は、湊中学校に津波が来た時間。
この時計はそれから動いてません。

今回は、震災あってからすぐに動きたかったのを我慢して。
ようやく現地の活動に来ました。
他の地域活動をしていても、やはりこの東北のわずかでも援助になれば、と。

ボランティアをされている方々は、さまざま。
肉親がいらっしゃる方、地元の方、福島からいらした方、さまざまです。
震災後から長期滞在されてる方、中期、短期でいらっしゃる方、
有休使ってくる人もいますし、仕事やめてこられる方もいます。

安定した職についてる人が関わる、それが普通かもしれませんが、
皆さん各々できる範囲で期限を決め、
「又来るぞ」と言って去っていきます。

そんな人達が集まると、“復興”というヒトツの目標に向かって
大きな波をみんなで起こしていきます。

わたしの場合は、ここ数年、
全く他地域を見ていて、地元のおじいちゃんおばあちゃん、子ども達の暮らしを少しでも活気づけられたら、と思って。自分自身の学び&成長のためにも地域にいたいと感じていました。
でも、この震災起こったときはさすがにその事は頭からふっとび、

ただ、自分の生活も、東北地域のためになりたいという想いでいます。


まだまだ両親に心配かけている分、これからの生き方を選択しなければならない時期。
わたしが望むこと、行きたい場所も、関わりたいことも叶ってます。
心配かけてはいる分、わたし自身は精一杯自信持っていえる幸せを、感じて大切にしていきたいと思います。

震災活動は、続けます。
自分自身も、強く生きていこう。
仲間と一緒に。


東京帰ると
ちょうどいいタイミングで2つの講演会が待ってます。

誕生日を機会に、たくさんの吸収をいただいているようです。
[PR]
by tomomo05 | 2011-05-17 14:50 | 生きかた

被災地へ

最近ツイッターの方が楽だと実感。
ブログは時間がタイムリーにできなかったり、改めてPCに向き合い、その場の感情を思い出して書くのが、ベストじゃないような気がしてしいまい・・・


でも、このことは記します

先週月~金曜日。
石巻の震災復興活動に参加してきました。
わたしのご縁は、アースディ東京タワーボランティア事務局。
http://www.edtt311.info/about
毎週末、超単発ツアーを組んで「天ぷら油号」に乗りボランティアを送り続けてます。

今回わたしは、アースディ事務局とご縁のある、
四万十塾が中心としている「南境生活センター」を頼りにさせていただきました。
http://www.40010.net/

4日間。主に炊き出し。
場所は湊中学校
到着早々、炊き出し隊と合流。思わず中学校の食空間が整っているのに驚き。
c0153732_23471411.jpg

▲正面には大きなガラスが。美容師さんが来て2日目。4月~8月まで来てくださる予定
→http://www.nepenji.net/
c0153732_23472119.jpg

▲ランチ一品だったのが、本日からビュッフェスタイルへ
皆さんが好きなものを好きなだけ、「自分たち」で取り分ける。
一番大変な時期を乗り越え、徐々にみなさんの力が食堂にも入ってきます
c0153732_23472882.jpg

▲好きなものを・・・といいつつ、全ての種類が大人気。
c0153732_23473595.jpg

▲昨日のカレーだって残ることなし!
テーブルにはお花が飾られ、まるでホテルのレストランでブランチのようです。
初めて目にする光景が、この姿だったので、わたしは信じられない気持ち。
c0153732_23474124.jpg

▲お皿洗いも、ご自身のものは皆さんで洗っていただきます。
昨年EDEで食担当だった時の流れが思い出されます。
ウエスや洗い桶をいくつも用意し、限られた水で洗っていきます。
ちなみに水は、水道が通っていないので、毎朝運ばれるタンク内にあるものだけでやりくりします。
c0153732_23474975.jpg

▲湊中学校の炊き出し食堂の名前は・・・そう!「みなと食堂」です!!
c0153732_2348340.jpg

▲この食堂にはたくさんの絵が飾られてます。アーティストの方々の想いも、この場に詰まってます。

湊中学校では炊き出しは昼のみ。
スタッフの人たちは17時にはセンターに帰ります。
その後、ばらばらに帰る他のスタッフのために夕食の準備です。
c0153732_075781.jpg

▲わたしたちボランティアの寝泊りする建物は、ここ「南境生活センター」
地元の人たちがこの公民館を貸してくださってます
夜、リーダーは専修大学でミーティング。わたしも初日に参加させていただきました。
四万十塾の他にたくさんのNPOが入ってます。
長期の2週間単位の人
そして震災後から2ケ月の人、個々の関わり方は様々です。
ただ、自分の「今」の環境の中で、最大限できること。
そして次の人にバトンを渡す。
共通の意識の元で願いをヒトツにして進んでいます。
[PR]
by tomomo05 | 2011-05-17 00:10 | 生きかた

玄米ムシケーキ第三段

c0153732_19294799.jpg

c0153732_19294783.jpg

またまた玄米ムシケーキ
⑤抹茶、小豆、塩、桜の塩漬け、黒糖、重曹
→粉末抹茶がお菓子用だからか全く香りがしない。おまけにどす黒い(涙)桜の塩漬けが効きすぎて辛い。小豆は多少柔らかくして味付けしたものを入れないと、固く口に残るものもあり。5日期限。

⑥きな粉、豆味噌、酒粕、レーズン、黒糖、重曹
→前回よりきな粉&黒糖(甘さ)ベース。玄米にはレーズンなどドライフルーツはあわないと思い、少し干し柿を加える。干し柿だけの甘さだとインパクトありそうな。5日期限。
[PR]
by tomomo05 | 2011-05-14 19:29 |

玄米ムシケーキ第二段

c0153732_19181175.jpg

c0153732_19181184.jpg

続けて玄米ムシケーキ!
①からし菜、刻みバナナ、レモン、塩、重曹
→バナナを潰さずしてもやはり生焼け状態。からし菜の味も生かされうまみはあるけど、仕上がり度はイマイチ。葉物野菜をなんとか取り入れたいなあ。二度目の失敗。んー残念!
3日期限。

②きな粉、酒粕、ピーナッツ味噌、煎り玄米、ひまわりの種、てんさい糖
→作りたては辛すぎたが、日にち経つごとにうまみが増す。
5日期限
[PR]
by tomomo05 | 2011-05-14 19:18 |

玄米ムシケーキ第一段

c0153732_1962416.jpg

c0153732_1962487.jpg

c0153732_1962486.jpg

c0153732_1962486.jpg

玄米ムシケーキ特集!
京丹後で教わった浸水させた玄米のみのケーキ
震災後には電気オーブンは使わずに蒸し器で開発してます

うまくできるかしら

ハーフ&ハーフ
①黒ゴマペースト、はったい粉、ひまわりの種、豆味噌、てんさい糖、重曹
→これからどんどん作りましたがこれが一番おいしかったし、玄米と思えないくらいふんわり大成功
。5日期限。

②デーツ、レーズン、キャロブ、ひまわりの種、豆味噌、重曹
→甘さがしっかりついた濃厚な味。いつまでもしっとり。もう少し薄い味が蒸しパンらしいかも。5日期限。
[PR]
by tomomo05 | 2011-05-14 19:06 |