日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

京丹後のおみやげ

明日から12月
また仕事が始まります。
嵐の前の静けさ・・・のような今日はゆっくりとした一日。

家族と一緒に京丹後のおみやげを堪能した。
まずは宮津のいわしちくわ
こちらはお酒のおつまみに。
我が家は鳥取と島根に出ている「あごちくわ」たるものを毎年食べている。
お歳暮やお中元などに、周りに配るほど詳しい。
なので、今回の「いわしちくわ」は好みに合うか…とちょっとひやひや。
と、うま~い!!と連発☆うれしい。
「いわしちくわ」の会社はたくさんあって、この前のフェスで一番おいしそうだったので決めたがこれにしてよかった~ちなみにここは汐徳商店さんです。

あとはお昼にはそば!
つねよし百貨店おなじみの「つねよしうどん」の相棒。生そばをおみやげに。
とてもそば粉の味がして、わたしはうどんよりうまか~
c0153732_2053591.jpg

夕食は何にしようか~
ということで、早速バラ寿司☆
こちら京丹後のバラ寿司には、「さば缶詰」を使用。
そしてそれは販売元は「東京」??(笑)ところが見つけてもない!!
仕方なく、これはわざわざフェスで買ってきたものです。
c0153732_2053242.jpg

中身はこんなにごっそり。味付けをしたものを購入して、1時間箸でぐるぐるかき混ぜます。
途中、砂糖と酒を入れる(好みによってはしょうゆも)
腕がいたいと思いながらがんばって、まわす。そしてでんぶの出来上がり。
c0153732_20534174.jpg

そして手ごろな容器に敷き詰めていきます。
具財は、(丹後の白米)酢飯→さば缶→酢飯→さば缶→かまぼこ→錦糸卵→グリンピース→紅しょうが、、、こんな感じです!
c0153732_20551988.jpg

ハイ!できあがり☆

とっても好評~★
さば缶のでんぶが(がんばりすぎて)焦がしてしまったのが惜しかったけど、あとは◎!!
昨日、今日で、京丹後のおいしさをたっぷり堪能してもらいました。

ひょうたんかぼちゃもおいしかったし、なんだか我が家の口に合いそうで、
それがまた嬉しいです。
無理せず、これおいしいわね、ってすんなり取り入れてもらえたらいいですよね。
[PR]
by tomomo05 | 2010-11-30 20:59 | 地域

2日目フェスティバル

c0153732_9482436.jpg

2日目の朝!
今日もお客様がいっぱい着ますように
売りたい品目はこちら!→小豆、青大豆、もち米です
みなさん是非来てくださいね
15時半までやってまーす
[PR]
by tomomo05 | 2010-11-28 09:48 |

第一旭のラーメン屋

c0153732_0554075.jpg

三次会はラーメン屋です
真夜中まで営業中
全国から集まるほど超〜有名店に初ですよ!
お味はどうかな?
うみゃー!
あっさりと思いきや
しょうゆベースで上澄み濃厚
たっぷりのネギともやしもペロリ!
実は京都でラーメン食べたのは初めて筠
うれしいわ〜

明日も引き続き
携帯からアップします
[PR]
by tomomo05 | 2010-11-28 00:55 |

-

c0153732_23344553.jpg

今週末は京都で農林水産フェスティバルで出店です
京丹後常吉が売りまっせ〜後ほどこちらでアップします
今はとりあえず二次会祇園に繰り出してます
大盛りあがりです
明日も引き続き盛り上がりまっせ〜
[PR]
by tomomo05 | 2010-11-27 23:34 |

もったいない話

わたしが人吉球磨で研修を受けた時一緒だった男性が
とても興味ある話をしてくれた。

カレのブログでも紹介されているのですが、
ここでも引用させていただいちゃいます☆

石川県グリーンツーリズムの方からいただいたお話しらしいです。

農家民宿をされている築200年もの古民家を守っている御夫婦宅で。
人吉の郷土料理と石川県の日本酒と「干くちこ」や蛍烏賊の干物などのご馳走の席にて。

もったいない」の意味の話が登場したんです☆
フンフン・・・

↓ ここから引用!

何故、「もったいない」が話題になったかというと、
このブログでも最初の方に触れた山北 幸さん、節さんの
恩師である97歳のおばぁちゃんの話から発展したのだが
おばあちゃんは「もったいない」からお漬物のレシピを
数多く考え年商1億をたたき出した人だ。
まぁお金の問題ではなく、戦後途轍もなく貧しく大変だった
暮らしから、当たり前のように捨てていた野菜や果物を
「もったいない」から工夫してお漬物に変えていったのだ。
その哲学は、決して「けち」という意味にならないという事を
その「もったいない」の語源について石川県の方、浜さんが話ししてくれた。

「もったいない」とは、「もったい」がないという事。

では「もったい」とは、その物の価値を表すそうだ。

要するに、その物の価値を無くしてしまう使い方や考え方を
する事が「もったいない」という事なのだ。

なるほどって思った。
今まで振り返ってもなんと「もったいない」事をしてきた
のだろうと思った瞬間でもあった。

人にたとえても同じ事が言えるそうだ。

「もったいない」人生は送らないように心がけよう。
多分私という人間の価値はまだ沢山使い道があるのだから。

↑ そうカレは感じたそうです


フンフン…

「もったい」=「その物(人)の価値」
がない

なんて、思うことこそ、もったいない。
『もったいない』という言葉は口癖にあるようだ。

「○○しようか?」「いや、もったいない」
わたしは、相手を否定する意味やお断りにする意味で簡単に使ってしまう。
「する価値ない」ととらえると、そこまで頻繁に口にすることはないだろう。

ずっと今まで
古きもの、生まれながらに持っているもの全て、
「人の価値」「ものの価値」は、生かしていこうとしているんですもの!
相手に対してももちろん。
特に自分に対しては自分でしか気づいてあげられないのだから。


一日一日を意味ある選択、そして大切に生きていこう。
[PR]
by tomomo05 | 2010-11-22 12:17 | 生きかた

京丹後フェスタ

今日はお知らせです

先日、表参道マルシェに参加させていただきました「京丹後ブース」
次回は西日本大御所!京都で出店しまーす☆
年に一度の農林水産フェスティバルに常吉地区と上山地区がと参加します。

農林水産フェスティバル2010
http://www.pref.kyoto.jp/news/event/2010/11/1289440473154.html

開催日時:
平成22年11月27日(土曜日)10時30分〜16時30分
平成22年11月28日(日曜日)10時〜15時30分
場所:
京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ)
〒 612-8450
京都市伏見区竹田鳥羽殿町5番地
http://www.pulseplaza.jp/

お近くの関西の方々、よろしければどうぞお越しを~

今回は京都のピカ一大集合!らしいです。
関西の出店を現地で販売担当するのは、モエモエ初めて☆
今月末は販売の仕事(熊本のみかん売ったり、青森のりんご売ったり)でぎっしりですが、
その合間に(ある意味)カルチャーショックを受けそうです(笑)

販売やっててよかった。
とても楽しみです!
[PR]
by tomomo05 | 2010-11-22 01:08 | イベント

熊本と京丹後

昨夜は久しぶりに飲みに出かけました★
熊本研修時に知り合った人たちと渋谷で待ち合わせ。

研修から帰ってきてから
このメンバーで会うのは初めて。
9月に東京帰ってきてから、もう半年くらい経っているような気がするけど
実はまだ2ケ月。その間充実しているからか、とても遠い昔のような気がする。

一人の人は、同じ研修の立場で知り合ったのだけど、半月づれての研修期間。
自分の立場を理解されて、今でもきっちり人吉ひまわり亭をつなげてくれています。
もともと、「農村六起」プロジェクトから始まった企画。
インターンという制度を利用して、自分にできることを企画立案し、地域ビジネスを立て運営することが最終目標。地域に根ざす生き方を実践していくためのきっかけの一ヶ月。
カレはそれに、一歩踏み込むことに腹決めしてます。
それが、周りを少しずつ動かしてる。そう、受け入れ先の節さんも。

今まさにこれから動き始めているその背景を聞いていると
この夏関わった1ケ月間が、すごいスピードで思い起こされます。

一方わたしは、入り方が「まずは研修」という身だった。
その後の京丹後プロジェクトを念頭においてのことだったから、
『食から始まる地域おこし』を学ぶために、ビジネスを考えることはしない、と自分に待ったをかけての期間と考えて。そう…自分自身にそう決め付けていたんですよね。なぜでしょ。
でもその割りには、いつものバイタリティでかなり突っ込んでいったものだから。
それに応えてくれる人たちとの出会い云々で、どんどん愛着が沸いたのは確かです。

もちろん地域肌があって、もともとの仲間がよくしてくれて
自然もすき、温かで元気で、いい気が満ち溢れてた。
今でも出遭った人たちとの交流があり、お野菜のやりとりなどあります。

今、わたしはその「人吉球磨」をそっと横に置いておいて
京丹後のプログラムにまず第一優先させています。
わたしが、「自分を試す」場所ということで、その時の心が判断したんでしょうね。
それがいいか悪いか、わかりません。
ただ全て心のタイミングだと感じてます。

今も変わらず思うことは、これからも、自分を制御することなく、
全て目の前にあることを精一杯やりつくすことはしよう、絶対。って感じます。
その中から次につながること、他に変わること、がきっと出てくるはずだから。

熊本は人吉。
京丹後は常吉。

人がよく
常によく

このふたつは、続けていきたいと心から思います。
身体は一個しかないから、わたしの中でこれからどう変わっていくのか、まだまだわかりませんが。

悔いなく、しかし大切に接していきたいと思います。

昨日はいろいろ話できてよかった!
ありがとうございます。
[PR]
by tomomo05 | 2010-11-18 23:32 |

京丹後からマルシェ

さーようやく先週の日記にとりかかれます!

先週土日、この日は京丹後のブースが
国連大学のマルシェに登場しました!
最初で最後!?これ一回っきりです★

初めての取り組みに、京丹後グループのみんながお手伝い。
さ~何が売れるのか?
c0153732_21501520.jpg
c0153732_2150262.jpg

京丹後といっても、主になっているのは
「常吉百貨店」と「上山地区」
両方お米が主体です。
そして、地元常吉地区では普通に販売されるものを、そのまま持ってきたもの、
例えばおばあちゃんの手作りの帽子や小さな袋。
ひとつ800円と100円。
こういったものが都心の青山一帯の消費者に合うのかしら・・・とちょっと不安。
c0153732_21523361.jpg
c0153732_21524323.jpg
c0153732_21525520.jpg
それでも、ホラ!
若いキレイな女の子がかぶると、なんてオシャレ~
さすが見る目があります。
どちらかというと、出店者側からのマッタ!(ディスプレイに注意して~)というような内容でお達しがあったのが心配事でして、消費者の方々には、思ったよりヒットしたものが多かったです。
それが手作りのものだから、また嬉しいです!
c0153732_21531331.jpg

これはおばあちゃんに知らせなくっちゃ~

他におかゆから作った甘酒や阿久井羊羹もギリギリ売り切れーっ!
これは試食して正解。なんておいしい羊羹。
水羊羹のようなあっさりしたもので、一気に半分食べれちゃう!
京丹後にも「久美浜地区」でしか売っていないとのこと。
c0153732_21561391.jpg
c0153732_21563026.jpg

お隣のブースは「岩城島のポンポコランド」
ご家族4人でフル活動!ライムにレモン、みかんが大好評です★
お子ちゃまたちは私達のブースもお手伝い。かわいらしい笑顔でお客様を呼び込んでくれます
c0153732_21583021.jpg


ここマルシェのいいところは
おきゃくさまの会話の中で販売できるとこ。
販売だけでなくても、地域のあれこれをお伝えできること。
そして横のネットワークも
そして都心への足がかりも発展できること。
どういった想いで気づきあげていくかは、直接の対話で決まります。
特にめったに出ない京丹後。
貴重な時間にどれだけの人がこの地区の事を知ったことでしょうか。
ん?お米おいしい、
ん?京都ではなくて、どこ?

そんなたわいもない会話から、まずは興味を持って知ってもらえたら。
売るものより、中身。いつでもそんな販売を心がけています。

さー2日間無事終了!
今月末は京丹後は、京都に出店です。
農林水産フェスティバル@京都バルスプラザです。
こちらはワタシも行ってきます!
お近くの際はゼヒお越しくださいませ。

みなさん、オツカレサマデシタ!
c0153732_22112292.jpg

[PR]
by tomomo05 | 2010-11-18 22:11 | 地域

最後の出雲大社

たった1週間の地域巡りは
想像以上に充実してました☆
11日は、最後、出雲大社へ回ってから東京に帰ります。

飯南町を後に、3地区の出来事を思い起こしながらバスと電車を乗り継いでいきます。
最後にきっちりご縁を結んでおこなくっちゃ☆

出雲大社には4つの鳥居があります。
c0153732_2011629.jpg

▼途中、ご夫婦でお餅つき。アツアツできたてのものをほおばりながらのお参り道
そして第二の鳥居さま
c0153732_20111729.jpgc0153732_20112536.jpg
c0153732_20113917.jpg

▼第三に行くまでは、下って登る道一直線。珍しい光景です
c0153732_20115163.jpg
c0153732_2012458.jpg
▼第三の鳥居さま
c0153732_20121552.jpg

▼さあ!いよいよ最後の鳥居さま
c0153732_20122491.jpg
c0153732_20123340.jpg

こちらは、ご縁を担いで
「二礼、二拍手、一礼」ではなく…「二礼、四拍手、一礼」です。
c0153732_20124453.jpg

▼この日は『平成22年11月11日』なんてゴロがいい
この日にちを記念にと、団体旅行客用の日付入りプラカードを撮影させていただきました☆
c0153732_20125657.jpg

▼こちらもおいしい大黒様まんじゅう
c0153732_2013769.jpg


帰りは一畑電車に乗り、松江まで。
これは珍しいローカル電車。
かわいい黄色の2両電鉄。自転車も乗り入れ可能です。
c0153732_20253930.jpg

宍道湖を眺めながらの一時間は、なんだかとても心が安らぎます。
c0153732_2026986.jpg

よく一人で旅することがありますが、こういった電車に巡りあえるのが、地域を味わうひとつの手段。乗る人は観光客もいれば、地元の学生さんたちもいます。
少ない日もあるかと思いますが、ぜひ残して生きたい大切な公共機関ですね。
c0153732_20252154.jpg


松江に着くと、さあ!京都からの新幹線に向けて急がねば~
しかし、最後にどうしても米子で買い物があるのです!
鳥取でしっかり試食をして、ここでしか買えない!と言われた『栃餅』
お菓子の寿城という(名前は今フウでしっくりこないが)
とにかくうまい!栃の苦さがしっかり効いて、島根や鳥取のおみやげに詳しい麻井家のモノには、これだったら~と確信です(笑)
c0153732_20283643.jpg

みなさんも行かれたら、ゼヒご賞味くださいね。
島根銘菓「わかくさ」と並んで、モエモエオススメします!

さーそこから京都までバス。
そして京都から新幹線で東京へ。

ここ、最後の米子→京都間のバスもまた、、、、すごくすごくよかった。
これは最後にわたしに向けて神様がご褒美をくれた、、、としか考えられないシチュエーション。
出雲の山々に沈む太陽を、バスの中4名で独占です。
この9日間は天候にも恵まれ、人にも恵まれ、全て◎
猛スピードで過ぎ去った日々でしたが、最後に涙が出るほどの感動をいただきました。
(身内に言わせれば「山陰は地味」とポツリですが)山陰はいい、、、あの一瞬ですが神秘的なものを感じてます。
c0153732_2038473.jpg


イノベーションをきっかけに関わり始めた京丹後。
個人的には行けないであろうあの地区に、今回自分で志願して、10地区から選んだ事にも
なんだか不思議なご縁を感じます。人と、そして言葉に引き寄せられたんでしょうか。とりあえず12月いっぱいで終わるこのプログラム。一応ある形に提案したものを、今後それが紙状のものだけか、もしくはこれから取り上げてもらえるものか
関わっていけるものなのか、話合いになりますね。
どちらしても、地域の流れを大切にし、
なおかつ自分も生き生きとできるお付き合いをしていきたいと思っています。

こちらもイノベーションをきっかけに知った智頭。
麻井家のお墓が同じ鳥取県にあるということで、地域の人たちはなんだかなじみ深いような気持ちで接してくださっています。この山陰の考えなのでしょうか。
今回わたしがこの時期に希望して、それが叶ったわけですが、
この地は、これからもきっといい形で関われそうな気がします。

最後に友人のいる島根の飯南町。
もともと東京で島根の「もったいないビジネス」を耳にしていましたし、
自治体や若者が、地域おこしに積極的に関わっていることを実際会うことで感じました。
実践実践をこなしていく若者たちに、自分もがんばりを頂戴しました。


今週末は京丹後の出店が東京であります。

旅先は地域。
帰ったら東京の仕事。

こんな掛け持ちはそろそろにして
少しでも長く、
少しでも深く、
少しでもつながりを持って
地域の大切さに関わりつづけていけるような仕組みを
自分から作っていかなきゃですね。

まずはわたしの意思と素直を出して★
[PR]
by tomomo05 | 2010-11-18 20:41 | 地域

島根~飯南町~

鳥取の滞在はあっという間。
次は欲張って島根へ

ちょうど「地域おこし協力隊」で活動している友人を頼りに
めったに行けない島根、飯南町へ行くいことができました★

智頭からぐる~っと回って、島根と広島の県境、飯南町へ。

こちらは温泉がいっぱい。
その中でも働いている有名温泉!加田の湯に行ってきました~
http://kdny.blog130.fc2.com/
c0153732_029861.jpg

▼立派な石釜もあります!こどもたちと地域との交流のため、来春から本格作動しますよぉ!
c0153732_0314810.jpg

ここ加田の湯は地元島根の人たちだけでなく、広島から来る方も多い。
中間地点を位置しているので、大変交流の場となりそうです。
宿泊施設はないのですが、お昼だけ食べに来る方、
オープン時に待ってました!と入りに来る方、
お野菜も販売されているため、それを目当てに来る方、
多目的なこの加田の湯は、ゆるゆる空間を作り上げています
c0153732_0353679.jpg

この旅期間の整理をパソコンでしていると、なんだなんだと声をかけてくれる人もチラホラ。
まー珍しいんでしょうね~(笑)わたしもここに来てゆったり地元の方々とおしゃべりさせていただいて嬉しいです★
▼こちら!20食限定の「花かご御膳」念願のご汁もあり!
昨日に引きつづき、うまいですぅ~
c0153732_0374896.jpg

午後からは合鴨農法の三上さん宅へ
奥様と一緒にお話しさせていただいました☆
c0153732_04487.jpg

お二人は安心安全の完全無農薬!化学肥料も一切使用していません。
そしてこれらのお米たちは、北は東京紀伊国屋。南は九州佐賀県まで出荷されるんですよお。
驚きです!催事で上京される時は、こちらでもご紹介しますねー
▼おやつに出た煮豆。ウマイ!!
c0153732_0551250.jpg
c0153732_0552194.jpg

三上さんご夫婦は生まれながらにして農家さん。
そして、地域おこしを進めている人たちと共にみんなを応援してくださるそうです。
まだまだ若い!
ベンチャンは夕方に、もう一人素敵な知り合いに会いに連れてってくれました。
NPO法人インフォメーションセンターの支部、島根雲南町へ。
http://www.ryufo.com/
こちらでは、東京でお世話になった「芸術家と子供たち」でご一緒させていただいた女性が今では馬セラピーを介して、地域のこどもたちと一緒になって活動されています。
c0153732_1323976.jpg

強くてしなやかで、かっこよくって、そしてますます愛情いっぱいな人になられてるな~ってわたし尊敬しちゃいます
c0153732_13336100.jpg


さぁー帰りには念願の出雲そば!「一福」で食べます。
http://ippuku.co.jp/
これはウマイ!!よかった!島根でなければ食べられません!しかもココは本店よりもおいしいと言われる場所。
さすが地元ならではの知識★ベンチャン重ねがさねありがと~
c0153732_0581724.jpg
c0153732_0582716.jpg

本当、今回は地域地域に住んでいる、名コーディネーターにとてもよくしていただきました★

あぁわたしもみんなにとって
役立つ存在になれるように、地域をしっかりつなげていきたいと強く感じました。

そうそう!鯖焼き寿司も食べたんだ!
京丹後のバラ寿司といい、島根の鯖焼き寿司といい、
今回は鯖と栃の実がキーワードでしょうか。

さー明日は最終日!
出雲大社でしっかり縁を結んで
東京帰りまっせ~
[PR]
by tomomo05 | 2010-11-17 01:37 | 地域