日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

会話

たまに自分と会話しよう、って思うと。

他人のことは言いたい放題のワタシは
とても苦手。

でも、自然の中で想いをめぐらすことは、ワクワクして止まらない。

ふっと、
それも自分との対話だって気づくんですね。

岩手に行った時、勧められた本を手に取り、ふんふん・・・
自分に当てはめて考えると、ワタシでも深く対話できるんですよ。

「魂の目的・ソウルナビゲーション」

本屋さんにあったら是非少し見てみてください★
かなり当たってます!


わたしの(生涯の)キーワードは
「バランスの取れた責任感」
そして
「(内面の根っこからの)自由」

プラス面もマイナス面も的確。

・真実の自由を得るために、どうしたら?
ある程度の探求、訓練・・・それは深く追求すること
一見「自由」とは反対の事のように思えるけど、
それが無くては、「内面の自由」は手に入らない。

そして
・「責任」を深めるあまり、相手を想って尽くす事は返って相手のためにならず。
一方、自分の目標を、相手に依存することで勘違い。
どんな事にもバランスが必要。

そんなことが
ワタシの誕生数字から読み取れました。

うまく表現できないけど、
とにかく当たってるし!冷静に糸口が得られます!!
[PR]
by tomomo05 | 2010-06-30 23:04 | 生きかた

会津・昭和村

ふぅ、、一気に日記書くのは疲れるわぁ

でも、こちらが今回のメイン。
週末ワークキャンプというものに参加するのも初めてです。

最近福島(須賀川)へ行くようにしているけれど、
もっと地域に根ざした時間をすごしたいと思うようになり。
福島を違った方向から見てみたい、という事で、福島のあれこれを
東京でも聞きに行くことが増えてきました。

その時、2人の人から別々に誘われたのが、
ここ「昭和村」でした。

昭和村の魅力って何なのかしら??

ワークキャンプの2日間より一足先に入村して、
やりとりしていたチョマ倶楽部の方にお世話になりながら、滞在を超!!満喫しました~

http://www.vill.showa.fukushima.jp/siru.stm
●チョマ倶楽部→http://karamushi.blogspot.com/2010/06/blog-post_08.html

昭和村とは・・・
伝統織物の上布の原料となる 苧麻(からむし)を栽培生産している本州唯一の村とのこと。
現在は、カスミソウ栽培にも力を入れ、その栽培面積はなんと!全国一位です。

周りの村や町から隔たれた・・・・という印象を持つ人が多く、
ワタシノ前情報では「閉ざされた」イメージがあったのですが。

なんのなんの!人はとても和気あいあいとしているし
外部のワタシなどにも初めてでも温かいし、話やすいし
自然もちょうどいいボリュームで、(なぜだか)とても身近に感じるし
とっても安心する地域だなぁというのが、第一印象でした。

5時起きの朝の散歩がめちゃめちゃ気持ちいいんですよぉ!
湿地までの散策です。
c0153732_1223546.jpg
c0153732_1224939.jpg

c0153732_1471375.jpg
c0153732_1231399.jpg
c0153732_12323100.jpg
c0153732_1233861.jpg

今回はその名も「村おこし交流ワーックシャンプ」
14ある集落のうちのひとつ、佐倉地区の人たちとの2日間です。
ここ、佐倉地区は昭和村でも世帯数が少ない集落。
だからこそこの団結力で「アスパラ栽培」が成功しているようです。

昭和村を知りたいなあ
郷土料理を知りたいなぁ
生活を目の当たりにしたいなぁと

という今回のワタシノ趣旨は、充分果たせました
何より、Iターンの方々やからむし織の織姫さん(1年間からむし織の栽培から採取、織り~仕上げまで全て勉強する研修生のみなさん)ともお会いできました。

最近のわたしは
こういったイベントはあまり参加することなく
個人や友人のツテで行くことが多かったので、
今回の「いたれりつくせり」の時間に、、、とまどうことばかり(笑)

純粋に昭和村の佐倉のひとたちは、若い人たちとお話しができて、嬉しかったようです。
何度も聞かれました、
「若い娘さんが(あくまでワタシは若くないのですが・・・(汗)、楽しかったかいな??」って。
もちろん!
でも、、、、それ以上に何か聞きたいのだろうか。って思ってしまい
あまりにも大歓待を受けたわたしは、何かお礼に、気の利いた言葉をかけてあげなきゃいけないかしら、っと。。。

もちろん昭和村のこと普通に伝えたいし、
わたしももう少し関わってみたいなぁと思うけど
よく村の人たちが口にするような、「嫁にこんかい」という内容の事かなぁと
チラチラと感じてしまいました~

いやーでも!そんな事は心配ご無用!

本当にお互いが心から楽しかった!ということだけで充分だったようです★

最後はお名残おしい感じでしたけど
案外昭和村は東京から近いのを発見!

郷土料理や村との関わり方、地元学を学ぶには
とてもいい環境だと感じてます。

来月、からむし織りフェアがあります
気になる方!一度行ってみたい方!ぜひぜひオススメです。


歌も踊りもある満載の2二間です★
→ 7月17日~18日
[PR]
by tomomo05 | 2010-06-29 01:45

初の会津!三島町

銀河での滞在は3日間。
いつもいつもありがとうございます・・・


今回は、週末の昭和村でのワークキャンプが実はメイン。
福島を、郡山だけではなく
いろんな方向から知りたいなぁと思いながら
そこで、郷土食や自然食を、学びたいなぁと思いながらの移動です。

昭和村に入る前に、三島町へ
ここは、是非伺いたい人がいたんです。

のんびり館を営んでいる方。

昭和村へ入る前に一泊して、
会津の人と自然を、少しでも触れていこうと。

そしたら、、、なんと!!!人情が熱いこと、熱いこと!!
会津の3泣き・・・といわれて
少々緊張気味でしたが(笑)
女性の一人旅には皆さん本当にお優しい方ばかり。

わずか18時間の滞在でしたが、三島町のステキな所を体験させていただきました!
のんびり館のみなさん、本当にありがとうございます。
伝統技術を主体にしての町おこし、進んでいます・・・
「てわっさの街、三島」といわれるくらですもの。

c0153732_0182788.jpgc0153732_0184987.jpgc0153732_019393.jpgc0153732_019279.jpg
c0153732_0194739.jpg

さあ!明日はいよいよ昭和村です★
[PR]
by tomomo05 | 2010-06-29 00:20

三春の里山喫茶きらら

岩手から須賀川へ

その途中で、21日夏至の日。
三春の里山喫茶さんで、キャンドルナイトがあるとのこと。

こちらに参加してきました。

三春は、桜で名所。
しかし、わたしの仲間は、こちら武藤類子さんのお宅を知ってる人が多いんですよ
http://www.geocities.jp/yuhoumihide/kirara/

今年の夏至の日に、ちょうどご一緒できることに大感謝!!

・ソーラーハウスのらやさんの「エネルギー講座」から
・大人気のカレー
・ラビラビのコンサート

を一気に楽しみました~

ここ、きららは独立型ソーラーパネルを設置してあり
生活や営業に使用するほとんどの電気をお日様から得ています。
店主の類子さん・しんちゃんは『なるべく地球に負担をかけないように』と、
日々地球に感謝し、考え、行動を実践しているお二人です。
c0153732_004740.jpg


第一部ののらやさん・てんさんは信じられないくらいたくましい生活を実践している人で、
3児の優しいパパさんでもあります。
話がとにかくおもしろいんです!
講座と聞くとわかりずらい言葉が・・・と思いきや
全て対話形式で、2時間の枠なんてあっという間。3時間経っても足りないくらいでした(笑)

★自ら森を切り開き、小屋を結び、沢の水と薪での煮炊きと
太陽光発電の灯りのもとで、近未来的な暮らしを営む「のらや」のてんさん。
世界にたいする人間の在り方を問い続け、
“いきもの”として、まともに生きることを目指しています。★


その時使われているプロジェクタや扇風機も全てソーラー式。
話してる間にも、お日様がかげると風が止まる時もあり(笑)
c0153732_031631.jpg


夕食をのんびり食べた後に・・・
(あっ!!ちなみにここの名物は「どんぐりカレー」
今は夏なのでどんぐりではなく、大豆です)
c0153732_062491.jpg

最後にラビラビコンサート!!
北半球でもっとも昼間が長い一日。
ラビラビVoのあずみさんが持ちかけたらしいのです。
毎年、夏至、冬至、、、と、ここ福島でのライブをされています。

『東京の電気を作っている場所で
電気なしのライブをしたい・・・』と。
自然と一体化した、声、音、みんなの意識。
山と自然の家と川と風と月と星と、、、、全ての生き物たちと一緒の夏至の日。

ラビラビの音色は空気に溶け込んで
心震わす神動になったような気持ちです。
静かに想いを寄せる、すばらしい空間でした。
c0153732_093560.jpg
c0153732_095592.jpg
c0153732_010519.jpg

のらやさんがおっしゃっていましたが、
ここ、福島には2台の原子力発電所があり、2台をあわせると
規模的に世界一になってしまうらしいのです。
なので、こういった環境に対して自分達で考えたり、実践したりする人たちの関心が
とても強いのだと思います。

普通に生活していても、会話や行動にとても意識が高いと感じてます。

東京にいる私達も、心を豊かに自然と共に生きていけるよう
ひとつずつ、できることから、って思います。


あー、買ったばかりの大型フードプロセッサー
なんとかいい方法ないものかしら・・・・(汗)

そういえば、岩手のしょうちゃんちは
冷蔵庫をやめて初の夏場にトライ!!してたのよねぇ。


里山喫茶『燦』
田村市船引町芦沢字小倉140-1]
電話0247825190
[PR]
by tomomo05 | 2010-06-29 00:11

みんなの森:きらめ樹

岩手のしょうちゃんちにお世話になって
3日目

今日はきらめ樹(森のよみがえり)の作業。
前々から予定が決まってたらしく
しょうちゃん所有の森、みんなの森へ行っての、かんばつ材作業を見学させていただきました。
http://mori-no-yomigaeri.org/about/index.htm

森の作業は初めてです
こんな機会はめったに見られることないので、本当ラッキーです!

普段森に入るのは
森林浴や、ハイキングや
キャンプや、ドライブの一環だったり、、、と
楽しみのひとつでしかなかったのですが

今回は、森の神さまを
感じながらのひと時でした。

c0153732_23214525.jpg
c0153732_23215754.jpg
c0153732_2322826.jpgc0153732_23222621.jpg
c0153732_23224139.jpg
c0153732_23225691.jpg
何をするのかを
前もってビデオで見せていただき、
納得して行ったにも関わらず

木に、刃を入れる。

その行為がこれからの事を考えての事、とはいえ、
その時のわたしにとっては、とても悲しいことで
なんだかとてもいたたまれない気持ちでした。

ちょっと、シュンとなってたんですが
これから先、山の自然や動物たちに必要以上の木々の命がとられることを考えると
私達の手で最小限の命をいただき、
そして生きる木を最大限に守り、生かす。
こういった方法が必要なのかも、と思い返すように。。。

田畑も森も、
自然と人間との関わりと同じような状態で、再生されているんだと感じてます。

大雨に降られたのも、この時だけ。

行為は悲しいのですが
現在の山、自然にはとても必要な事なんですね。
この体験させていただいて、ありがたく思ってます。


ここ!やえはた農園さんは
たくさんの活動を通して、わたしたちに気づきをさせていただいてます!
大好きなお二人とご家族です★

c0153732_23333624.jpgc0153732_23335064.jpg

3日間、本当にありがとうございました!!
[PR]
by tomomo05 | 2010-06-28 23:34 | 農業

岩手のやえはた農園さん

昨日、6月の福島から帰ってきました★

1ケ月に一度は
食の勉強させてもらおうと、銀河のほとりにお世話になってます。

そこでできることをしながら
福島との関わりを、いろんな方面から深くしていきたいと思っての滞在。

今回は、お世話になるきっかけをいただいた
岩手の自然農を営んでいる、「やえはた農園」まで足をのばしてみました~
http://yaehata.com/index.html
c0153732_23123588.jpg

こちらのご夫婦!とってもステキなんですよ☆

決めたのは2日前(笑)
しかも!銀河のほとりで同じ時期にウーフをやっていた
マオチャンとも奇遇にも!かぶっての滞在!!
もー驚きでっす!

ここ、岩手へはいつものように夜行バス。
初めての岩手入りでしたが、地球村での活動をご一緒してたので、
なんだかとても懐かしい気持ちでいっぱい。
嬉しい3日間でした。

しょうちゃんちの自然農園は本当にスガスガしいです。
生き物もたくさん。それに採りたてのお野菜たちがとにかくうまいんです!!
c0153732_22552453.jpg


以前から肉食の男性は
「ここに来て卵やベーコンを食べたいとは思わなくなった^^」
って言ってます。やっぱり身体って素直なんですねぇ。

この18~20日まで。
1日ごとに作業が変わり、とても充実した日々。
1日目は4タームに分けた夏季農作業ペースを体験し、
2日目は一の関の佐惣コーヒー「たまり場」への出店
3日目は「きらめ樹」活動としてしょうちゃん達の山“みんなの森”での作業

いつもながら、もりだくさんの内容でっす・・・

【2日目】
一ノ関のイベント。
こちらは佐藤さんご夫妻が年に4回開催されていている「たまり場」での出店。
地元の人たちが集まり、情報交流の場として利用されます。
うちうちだけの集まりと思いきや!たくさんの人の来場があり、お野菜は完売!
東京から来たわたしの知り合いも関わっていたりとで、とても親しみのもてる空間でした。
c0153732_2382630.jpg


それに、こちら!佐藤さんのご自宅が、これまたすんばらしいくつろぎと癒し空間。
何時間でもいられます、イベントだけではもったいない、住みたいっす(笑)
c0153732_2384163.jpg


とにかくたくさんの人をつなげるつなげるつなげてくれる、すばらしいご夫妻です★
美味しい珈琲が飲みたいみなさん、遠方の方にも発送していただけるみたいなので、
ぜひぜひお試しくださいまし。


佐惣珈琲豆
[住所]一関市桜木町8-7
自家焙煎のコーヒー豆専門店です。自宅の蔵を改装したおされなおみせ。
オリジナルの「佐惣ブレンド」ほかいろんな種類がありますよ。
コーヒー豆の他に紅茶、焙煎の器具などの販売も行っています~。

一ノ関だけではなく、花巻のしょうちゃんちの辺りも、楽しいことがつながりそうです★
[PR]
by tomomo05 | 2010-06-28 23:13 | 農業

本物のタイカレー??

今、福島郡山、銀河のほとりにいます★

今回で3度目の訪問。
ここのみんなの、小さなコミュニティです。

21日からお世話になり
夏至の日のキャンドルナイトも
とてもたくさんの事を話せる雰囲気です。

昨日はなんと!!!
ホンモノのタイ(焼き)!タイカレーを作りました~

ホラ!見てください★
c0153732_14475814.jpg

ふふふ・・・

こちらは!
タイ(魚の)タイカレー

お目目がふたつ☆

みんなで大爆笑!です

c0153732_1449673.jpg

銀河のみんなって
とってもユニークなんですよ~

これは、ぜひ!
メニューのひとつに載せたら超!!大受けですよん
[PR]
by tomomo05 | 2010-06-23 14:50 |

アボガドアイス

今日はあつかったな~

納戸の整理をしてたら、

かびかけのアボガドを発見!!

外側は恐る恐るですが・・・
手に持つと、ん~~うまそうな匂いがぁ☆


ということで、アボガドアイスを作ろうっと。
フードボウロセッサーでびゅんびゅん飛ばして
あっという間にできあがり★

材料は

バナナとアボガドとレモン

それにカカオパウダーとメープルでちょっと味付けると
チョコアイス。


アボガド嫌いな人にも、これだったら大好評でした!!

固めすぎるとシャーベット風になってしまうので、
したら、豆乳加えて又びゅんびゅん飛ばしてもいいかもですね。
[PR]
by tomomo05 | 2010-06-16 00:31 |

戻ってきたい場所

最近、何度かお世話になっている地域を見ていて思うんです。

一度行って、
また来たいなって思う場所って、どんなところなんだろうって

「観光」ではなく。
「援農」とも違う。
ずっとい続けて、暮らしていきたいって思う場所。
その心に「ピン!」と来るものってなんだろう、と。

そんな事を友人と話してました。


友人は言ってました、

「人は観光地への旅はもうしない、
人は人を訪ねて旅をする」ということなんじゃないかって。


人は観光地には何度も訪れようと思わないのですが
人と出会うためには2、3度訪れたいと思えると思うって。


だから私達は

人が人と会える地域づくりを作っていこうねって。
なかなか・・・難しいことですけどね。


今までわたしが感じた
「ピン!」とくる地域、はいくつかありました。

そう、その土地は、そういった「仕組み」?が出来上がっていたのかもしれません。


“仕組み”などという仰々しいものでなくて、
常日頃、根っこから人のつながりの厚いものを心がけていきたいなと思っています。
[PR]
by tomomo05 | 2010-06-14 02:51 | 生きかた

TAO塾講演会

昨日、「懐かしい未来へ」定期集会?に行ってきました★
これも急遽申し込んでしまった。

熊本でTAO塾を開いている波多野さんの講演会です。

「医食同源」という言葉を知っているけど

「医食農」+「同源」と話すのは、とても興味深かった。

わたしは3年ほど前から会いたいなぁ~
九州には、食・農・子供をキーワードに
実践されている方が多くて、なかなか会えないのに残念な思いでしたが

この前の2月に初めてお会いできて
もっと話が聞きたかったんです。
まあ、講演会は一方的なお話になってしまうのですが、
波多野さんの、一番の根源を聞くことができました。

それは

「教えない教育を」
「興味、関心あることを、自分は一番に尊重する」っていうことです。

そして最後に
“出産”のビデオを観た時に
「一番の快楽の瞬間を、もっとみんなに知ってもらいたい」とおっしゃっていました。

これからは
「食」「農」「子供」の他に
大人に向けて「出産」のキーワードで、伝えていきたいと。


最近友人にお子様生まれることが多くて
わたしも大変尊いものだと感じているところ。
まあ相手がいないんで、快楽の感動はほど遠いってとこですけどね(笑)

周りには、とても敏感で繊細な人たちがたくさんいます★
[PR]
by tomomo05 | 2010-06-12 22:06