日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

あぁ納得

最近母と話してて思うこと。

ホントーに
心配して愛情かけてくれてるんだなぁ。

ホントーに
歳とってきたなー

ホントーに
かわいらしいなぁ
(少女のような時が感じられる)
と。

笑っているとキラキラしてる。
心配してると泣きそうになる。

こう見ると
やっぱりいつまでも笑っていてほしいなぁと思う。
悲しそうな顔は、5歳は歳とったように感じられ、
しわが多く、目がうつろになる。


あ、この時、心配かけてる、
って自分が感じられることがあり、、、

じゃぁどうする??


心配かけないように。
こちらでどんどん決めるていくんじゃなくて
双方一緒に決めてくようにすれば、はりあいでるかなって。

いいことなんですけどね。
わかっててやるのはいいことなんですけどね。
つい、、、

こちらも流されちゃうことがあってですね。

余計に、自分の本心を言えないで、合わせてしまう時もあったりします。


“相手のことを思うにあまり”
って時と場合によりけり。
本当に心からむきあうことが

心配を喜びに変えてくことなんでしょうね。


自分に正直
相手のことは素直に
関係は信じて

生きてくことが大切ですね。
[PR]
by tomomo05 | 2010-05-31 02:27 | 生きかた

ミツバチの羽音は・・・

昨日、観てきました~
「ミツバチの羽音と地球の回転」

初!お披露目上映会です・
http://888earth.net/index.html

場所は広尾、聖心女子大学のホール
c0153732_0241950.jpg

初めて行きましたが、緑あふれる趣あるたたずまいがあります。
1時間以上早く行き過ぎて、でも、久しぶりにおいしい空気を吸って
日差しにあたり日光浴しながら、あわただしかった今週を振り返ってました。

そうこうするうちに、300名のホールが人でにぎわい、
あわてて受付すませました★
c0153732_0474535.jpg
c0153732_0475611.jpg


今回、行ける予定ではなかったのですが、
偶然仕事が空き、そしてマイミクのリプトンさんからお誘いうけて。
ラッキーです!

1日経った今でも
考えることがたくさんありすぎて、まとまらず。
「地域で問題になっている事を、真摯に受け止めてる人たちはどれだけいるのだろう」って。
それは映画を観る前の自分の事でもあるんです。

新聞や聞いただけではない、現実を、如実に画面で観ると
胸にぐっときます。

鎌仲監督の(1部、2部、そして)この3部作への想いを聞いたことがあります。
「起こってしまったことに責任をとるのはとても難しいこと。
今度(3部作目)はもっと“変化”を起こすことができる場所を撮りたい」
そんな思いで、山口県祝島へ舞台を移されたそうです。

この《ドキュメンタリー映画》、
撮る方も撮られる方も、すべて一体化なって
大きな問いかけとメッセージを私達に見せてくれます。

とても大きな問題を残して、私達の心を動かし、大きな波を起こしてくれると思います。
すごい活動だと感じました。
かかわる人すべて。音楽も会話ももちろん映像も、そして構成も。

映画で
また違った感動を得ました。


日本農業新聞に載っていた文章が
とても印象に残ったので、ここに記しますね。

「一匹が持つ力は微力でも、まとまれば羽音は大きなものになるミツバチと重なる。
世界全体が一度に変わることはないが、ここの地域が同時多発的に変わることはできる。
ミツバチはみつを取ると同時に授粉もする。
そんな存在こそが持続可能だろう。
誰かがやってくれるのを待つのではなく、一人ひとりが地域を豊かにする取り組みを始める時がやってきたと感じている。」

↑1月の新聞に掲載されたものです

最近地域に行くことが多いですが、
こういった問題を含めて丸ごと受け止める姿勢で、向き合っていこうと感じました。


とてもいい映画です★

次回は6月4、5日。
http://888earth.net/staffblog/2010/05/post-51.html
その他でも自主上映、6月中はたくさんありますよ~
[PR]
by tomomo05 | 2010-05-30 00:49

家にかえって

ふくしまからかえって

家でのやりとりで
久々に感じたことがいくつかある。

母親の言葉や行動と付き合っていると
なんだか違和感を感じてならないんです。

それはどうしてだろう。

それは
とてもマイナスな考えから物事をいっているから。
前々からわかってはいたけれど
しばらくその言葉を聞いていなかったり
外では、プラス思考の人と接したりしていたら、
みょうにその言葉に、「ん??」と感じるようになる。

郡山の銀河のほとりでウーフでお世話になってた時、
とてもうまくいかなかった日があった。
もともと合わせてくれていた皆さんだったけど、
あるとき、「わたし自身」がズレズレの原動になってた事を実感。
あちゃーと思いながらも、どうすることもできず・・・(汗)

日常の事だったんで
頭冷やして、仕切りなおししたことがありました~

原因はなんだったんだろう、と思いながら
仲間と話をしたりして、助けられながら
その時の自分なりの答えを出してました。


実家に帰って、その母親の言動を見ると
「ああ、わたしかも」と苦笑い。
母親の姿を見て、感じること、言い返すことば、すべてが
この前のわたし自身を見ているよう。
彼女はもっと年老いていて、
わたしはもっと順応性ある歳なんでしょうけど。

先に先に考えるあまり、
口にする言葉も、数歩先をいってて相手の聞きたい事に的を得てなかったり
身近な事をおろそかにしてしまったり
あまりにも細かかったり、
一番大切にしてほしい事をしてなかったり

まー生活する上で
初歩的な事ですよねぇ。。。

そして、何よりも「何のために行ったの??」という事をまだ理解されていたなかったり。
それはまだまだわたしの母親に対する接し方が
浅かったんだなぁと、実感しました。
しすぎるほど、深く向き合わないとですねぇ。

特に考えたくないことは、なるべく考えたくないんですものね。
もっと楽しんでいるよという事、前向きに感じてもらうよう。

だって、知り合ったひとたち、
みんなの活動など、やっぱり知ってはもらいたいなって思いますものね。


今日は親戚のおじさまが、石神井公園の絵を描きにいらっしゃいました。
久しぶりに親戚同士の、昔話に花が咲いたようで
両親二人、いい気分。
その雰囲気は大切にしていきたいです。
[PR]
by tomomo05 | 2010-05-28 23:19 | 生きかた
郡山での日々は、また次回。

東京に戻ってきていろいろ感じたのもまた次回。

今日は今朝作ったココナツクッキーがめちゃうまかったので
その写真を★

これは「銀河のほとり」の中核のスタッフ、
マイミクでもあるトモチンさんから教えていただいたもの★

あそで出すお菓子たちは
二人の女性から次々新しいものが開発されてきます。
その中でも、素朴なクッキー、粉と水と塩とココナツしか入れてない、
とてもシンプルで味わい深いもの。

お餞別にと、教えてもらったものを
夜中に作ってみました~
ウマイウマイ!

あっ、、、、でも、分量や焼く時間も一緒にしたはずなのに
まったく味が変わるもんですねぇ。
そこが食つくりのおもしろいところ。
時間をかけて丁寧に心がけると、まったくそのとおりにキチンと勢ぞろいした形でできあがるの。

今回のわたしのものは、かなりワイルダー(笑)
大きさも不ぞろいで、(同じ生地からなのに)微妙にお味がちがう

おもしろいですねぇ

c0153732_0244767.jpg

トモチン、ありがとう~
[PR]
by tomomo05 | 2010-05-28 00:25 |

丸森か郡山

丸森最後の日は、早朝ドライブ★

これから移動する、郡山「銀河のほとり」のスタッフをやっていたオリンちゃん。
彼女は銀河から丸森へ戻ってきた。
彼女はUターンの女性なんでしょうね。

彼女の話もとても興味深く
今回のわたしの滞在に、快く尽くしてくれた。
最後にも早朝ドライブに付き添ってくれたんですよ。

「丸森」の中でも耕野が主体だったので、
最後に丸森市街地に戻るまでに、ぐるりと一周してくれた。

その中でも、ここ!
筆甫(ひっぽ)といわれる〔アーティストたちの住まい〕が集中している地区があります。
その一歩手前にある、キャンプ場へ。

朝の緑がほんと美しく
歩いても走っても、泳いでも空気がきれいで満喫できるところです。
写真載せますね。

c0153732_015039.jpg
c0153732_0151557.jpg
c0153732_0152923.jpg
c0153732_0154491.jpg


その日は夕方郡山に到着。
1ケ月ぶりに銀河のみんなに会い、
すんなりまた厨房スタッフに入り込みました(笑)
なにやら明日から週末にかけて、毎日イベント続きの超!多忙な毎日を過ごせそうです。

さぁ、バリバリがんばるぞ~

と気合いれて、その日は2時まで夜明かしました。

これから23日にまで6日間、お世話になります!
[PR]
by tomomo05 | 2010-05-28 00:18

Iターンの人のお話

3日目の丸森は

丸森の中の耕野地区の人のお話を聞くことができた!
山里刻さんのキッチンで
楽しく教えていただいたり、代わりにあるもので食事を作ったり。

ここでは
朝も昼も夜も、
とても時間が貴重に感じられます。

c0153732_81209.jpg
c0153732_8121762.jpg
c0153732_813238.jpgc0153732_8123528.jpg
c0153732_8131916.jpg


なにをするのも、まず薪をくべるんです。
朝食は、外で火を炊き
ダッチオーブンでそば粉のクレープ
のんびり9時から初めて、その日の予定を決めます。

その日は以前から連絡をとっていたツリーハウスのご家族(だんなさんがイギリス人)
と若いIターンの方に会えそうな・・・・
c0153732_073661.jpg


夕方までの間、
郵便局のおつかいや、
近くの商店のおばちゃんのお話を聞いたり。
そこでもたくさんの方々が声をかけてくれました。
c0153732_08980.jpg


予定していた方も
そしてIターンの方も同じようにいいます。

「丸森よく来たねー」
「ここは人が温かだし、自然はとても豊かだし、過ごしやすいとこだよ~」って。
商店のおばちゃんは生まれも育ちもずっと丸森なんですけどね。
みなさん共通していえることは
《丸森という土地を愛してる》言葉が聞けたことです。

最近地方へ行くと
特に過疎化が進んだところなどは
「なんでこんな所きたんかい??」
「ここにはなーんもあらへんよ」
と、いう言葉を聞きます

一番違うところは
地元の人が“自分達の土地を大好き”でいることだったんです。
わたしが、「あっ、丸森ってすんなりなじめるな」と思ったのは
そういった人たちの何気ない言葉が、違和感なくすっと入っていったので、
丸森という土地が一気に好きになったんですねぇ。

ここには耕野のほかにたくさんの地区に分かれています。
アーティストの集う場所があったり
自然農を営んでる地区があったり

なんとなーく
呼ばれるところに必要な人たちが集まってくるようです。
それぞれが自然体でいられる場所、丸森はそんな印象を受けました。

あっ
そろそろ出勤時間なのでこのへんで!

続きはまた明日~
[PR]
by tomomo05 | 2010-05-27 08:22

蔵王チーズ

急遽延泊することになった、山里刻さん宅。

そしたらスケジュール変えましょう!!ということで、椎名さん案。

5月の誕生日迎えたばかりの車男性の了解もへて
三人で蔵王めぐりをすることになりました★
蔵王なんてとても遠いい気分でしたが、ふもとでしたら丸森から1時間あまり。
びゅーんとひとっとび!

その日は近場の温泉へ
と思ってましたが、遠刈温泉まで行けました~
道中、(これまた意外な)グルメ巡りをしながら、3人それぞれはしゃぎながら。。。

蔵王!といったらチーズ工房。
そして近隣のたまご舎さん。

乳製品、砂糖をたーっぷり使った次々のメニューにあれよあれよと目がぐるぐる(笑)
60歳の心強いスポンサーがついてるもので
ちょっと一口、、、、が次々に誘惑が・・・

c0153732_231343.jpgc0153732_2313485.jpgc0153732_2314895.jpgc0153732_232714.jpg
c0153732_2322047.jpg
c0153732_232346.jpg

うーん、たまご舎さんはどれも普通だなぁ~
米粉を使ったクッキーも、風通に小麦粉が入っているし、
濃厚なバターやショートニングが入っているから、米粉のサクサク感ではないだろうなぁと
思ったりして。。。風味はよく軽く仕上がってるのですが、まぁ一般向けという感じ。。。
(←期待してしまった・・・)
しまいにオムライスを3人で一つ頼んでみましたが
これも皆さんの意見は一致。「フツーねーー」(笑)

c0153732_2324890.jpg

▲チーズ工房は、試食の嵐!
観光客への大サービスですよね。
一オシだったのは、この「チーズドリンク」!
濃厚なドリンクとして意を決して飲んでみましたが、とてもあっさり。
甘くて子供にも飲める!あのカップ一杯を、一気に飲み干してしまいました~

この二つの施設は本当に皆さんの興味をひきつけて
手軽に楽しめるお店として大成功!
地域の活性化を担った大切な場所なんですよねぇ
みんなで辛口いいながら、それでもたっぷり楽しませていただきました。

ということでこれら蔵王巡りを満喫し、
丸森へ帰ってきました。
ここで、1泊した男性とはお別れ。

ここ丸森椎名さんのお宅では、出会いと時間の流れが不思議に絡み合い、
その日に決まったことすべてがいい方向に流れます。
心配事があっても、なんらかの解決策がやってきて、心地いい安心感と充実感が得られるのです。
不思議ですよね。
椎名さんのお心遣いがあっての事でしょうけど、
前向きに考え、それに取り組んでいく、当たり前の姿勢が人を引き寄せ流れを作っていくのでしょうか。

時間があったら何しよう、と考えるほど、「時間」に注目する愛おしいもの。

都会の生活になれてしまっていると、
その「時間」の流れに鈍感になってしまってます。
ここにきて、言葉には言い表せない、不思議な感覚に浸っていました。
それはとても心地いいんですよ。
考える、、、それは過去の自分を反省したり思い興したりするのとは別に、
ただ、今現時点の時間の流れを感じて、「今」の心と向き合う、
前向きな心と向き合う、そんな感じ方をしてました。

よくわからないですよね(笑)

とにかく不思議なところです。

さ、もう1泊することになったので、
明日は観光客ではなく、丸森の暮らしをされてる住民の人たちと少し会うことになりそうです。
それが目的だったので、楽しみです。
[PR]
by tomomo05 | 2010-05-27 02:41 |

山里刻

丸森市街地を走り回った後、

その日宿泊することになっていた
山里刻さんへ。
そこは農的な暮らしをそのまんま暮らしに取り入れている、
椎名さんという女性のお家です。

最寄駅から歩いて一時間。
さてどうしたものかと思ってましたが、
前日、ラッキーなことに
ご一緒に宿泊される方が車で来てくださることになった!

今年61歳になるおじさまです★
しかも!5月13日が誕生日

ということで、この15日は、その方とわたしのバースデーになりました~
山里刻さんではありえない!!ケーキを仕入れていただき、
おまけにワインやビールや日本酒や・・・(笑・すべてその方のご好意!!)

意外なサプライズをいただいて、とても楽しい時間をすごせました~
ひとりより二人。
二人より三人の笑いが飛び交い、更に、以前から連絡とっていた女性も駆けつけてくれました。
彼女は、これから再訪問する「銀河のほとり」でスタッフをやっていた方。
その方にもお会いできるということで喜んでいました。

ここ丸森の耕野という地区も、自然農を営んでいる友人に誘われたところ。
何か不思議なご縁があるようです。

丸森の中でも
自然多くて人との交流も安心できる、耕野。
雰囲気が伝わりますかしら??
ご覧くださいね。

c0153732_8133632.jpg
c0153732_8135673.jpg
c0153732_8141375.jpg
c0153732_8142948.jpg

夕方の風景から食事の風景。
薪をくべた火から、ダッチオーブンで調理している姿を
食事をしながら一緒に楽しめます。
みんなが集まる所に火がある、って温かい雰囲気をつくりだしますよね。

結局ここ丸森にはきゅうきょ!3泊することになりました★
[PR]
by tomomo05 | 2010-05-26 08:19 | 生きかた

阿武隈~丸森へ

先週15日は誕生日。
久しぶりに、バースデーを地方で滞在しました★

今回は先月行った、とても気になる自然食レストラン「銀河のほとり」の2度目滞在。
そして、もひとつ気になる「山里刻」さんの初訪問のために、10日間ふらり旅。
ふらり・・・・といっても、かなり予定なくても、
盛り込みだくさんの時間になってしまいました~。

14日の夜行バスにて仙台へ。
朝6時に着き、そのまま丸森へ。
丸森駅で出迎えてくれたのは、キヨスクのような売店で、地元の案内人。
9時まで商店街が開くのを待ちながら、駅員さん含めたおばちゃま達に話を聞く。
「東京からきました」というと
みなさん快く迎え入れてくれる。

Iターンの方のお話や
効率よく街中を回りたかったので、出発する前にいろいろ聞けてよかった。

今回ここから発進する「貸自転車」が大助かり。
7台ある自転車、今回は3日間のうち3度もお世話になったっけ。

「丸森」がピン!ときたのは
ここ、「丸森・水と緑の百貨店」というネーミングという理由からもあるんですね。

京丹後に「まちおこし」でがんばっている友人が建てたのが
「日本一小さい百貨店・常吉」というものがあり、そこから興味が広がったこともあります。
http://tsuneyoshi.tango.gr.jp/modules/about/index.php?content_id=4


さてさて
そうこうするうちに9時開店。
まずは街中を把握するために「水と緑の百貨店」へ
http://www.marumori.jp/top.html
c0153732_1334845.jpg
c0153732_134592.jpg


丸森地区に詳しいスタッフの方々が
親身になって教えてくれる。
のんびりお茶を出してくれながら、写真つきのファイルを見ながら予定を立てられる。
この施設全体が、たくさんの生産物や観光の歴史を物語っている
そして、立ち寄ってくれる地元の人たちの会話も耳にすることもできて、
もうここで満喫してしまう気分です。

そうこうするうちに
朝早く動き回ったものだから、早めのお昼へ
以前から一度食べたかった「う米米めん」をリクエストしたら、歩いて10秒のところを紹介してくれた!多数あるお店から選んでくれたのは、食べたら納得!!

丸森ササニシキ100パーセントの米粉を使った麺です★
これは「ウマイマイメン」と呼んですって。
「米粉」を使った料理で、地域活性化を!という町ぐるみの取り組みで、一番好評だったのは
ここ、安斎さん。

蕎麦でもうどんでもない…あたらしい食感
しかも玄米風なのでモチモチ感が更においしさを引き出してます★
だんなさんは体の調子を崩してしまっていたらしいのですが、
わたしにも挨拶してくれ、(話弾んで)バースデー祝いもしてくれました~

東北初の食事が、こんな豪華なメニューで大満足。ニコニコチャンです。

ちなみに食し方は・・・
冷たいお米麺はしょう油
もう一つはエゴマにて。
このエゴマたっぷり感には驚きました!
皆さんも丸森にきたら、まずこちら!安斎さんをお勧めします!

c0153732_152928.jpg
c0153732_152251.jpg


とりあえず半日の丸森市街地のご案内はこれにて~
(ごはんとおしゃべりだけでした・笑)

また明日ー
[PR]
by tomomo05 | 2010-05-26 01:53 | 農業

今夜から仙台

今夜、夜行バスに乗って仙台へ行ってきます。

今回訪問は、先月行った、「銀河のほとり」の短期滞在。
それととても気になる方、、、宮城最南端の丸森町に住む、素敵な女性。
山里刻さんに会いに行くんです。

明日は素敵なバース日。

ちょっぴり寒いけど
とてもホットな滞在になりそうです!!
[PR]
by tomomo05 | 2010-05-14 15:46 | 生きかた