日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:生きかた( 60 )

カヤック&はじめ塾寮祭

この3日間、とても温かい気持ちになりました★
こどものこと、自然のこと、学びのことを
いろんな角度から見直す機会をいただきました。

その流れは…デスネ

先日、縁ある方からのお誘いで、カヤック体験をしてきました。
西表島主体に、各地で自然塾をされているSさん。
1ケ月前に横浜のとある小学校体験学習のお仕事は、実はカレからいただいたものです^^

ユニークな関わり方に、とても興味あり、
いつかはお話ししたいなぁと思っていたところ、
ちょうど仕事が空いた日にちにキャンプのお誘いが!★

ということで、初のカヤック。
カヌーをせいぜいほんの少し漕いだだけですので、本当に感覚でしかなく。
全身運動ですね~波に乗る時に力を抜いたり、風の方向をよんでルート決めたりなかなか身体も頭もつかい、満喫^^
シュノーケリングで見る海の中の世界、何年かぶりに見ました。

何よりも合間あいまに入ってくるお休みタイムや
夜に火を囲んだりする時間が興味深い~。
また、魚をモリで射止めて刺身で食べたり、「キャンプ」の枠を超えたものが
この時間にありました。

わたしは、『キャンプ』や『自然体験』には、ある偏見がありましたが
今回、Sさんとの1泊2日は、とても穏やかなものに感じられました。

『キャンプ』の中にも
【暮らし】があって

『自然』の中には
個人個人の【自由な選択】の連続であったり。

こういった入口から、【人の自由】を育んでいきたい
という想いで、Sさん何10年も活動されています。
わたしにとっては、「自然体験」という立場から新しい発見だったんです、
この2二日間、自分自身で実感できたのが何よりも嬉しいこと。

これからも、そんな事を意識しながら
柔軟にこどもたち、ご家族たちと対話していきたいな、と思います。

さて、もう一つ、温まったこと。
それは小田原のはじめ塾。
毎年、福島のこどもたちの受け入れをお願いしていまして。
いつも快く引き受けてくださいます。
あいにく、今年は子供たちの予定と学校行事とで合わず。わたくしも行く機会を逸していたんです(涙)

毎年8月20日は1ケ月の夏季合宿の最終日。
そしてこどもたち主催の出店が並ぶ、お祭りに化します♪
そんな日にちも重なり、伊豆でカヤックを終えた後、その流れで
喜んで山北寮へうかがってしまいました♪

いろんな地域に、【こどもたちの学ぶ場】づくりを
見てきましたが、4年前に1ケ月間山に過ごさせていただき、
その時感じたことは今も全く変わらず。
このはじめ塾は、本当にすごいなあ!と再確認。
何よりも
とても心が温かく、豊かに感じる、ぬくもりを感じる時間でした、
なんなんでしょう。
関わる方みなさんの気持ちがひとつになって、
全てのよき流れを作り上げている、といった感じです。
たとえどんな人がきても、
その人なりの『豊かな気持ち』をきっと感じることと思います。

M先生が夏期合宿の最後におっしゃいました。
『平等』ではなく
『公平』でいようよ、と。
みんなが平らに等しい必要はなく
個性を生かして、公に等しくなろうよ。と。

どんな子どもおとなも、
生まれてきた理由があって、考えがあって、能力があって、自由があって。
どれが悪いわけでもいいわけでもなく。

それを生かし、続けていければ
素晴らしいこと。生きてるってこと。

はじめ塾は、みんなにその応援をしてくれています。
関わる大人たちにも。
そしてわたしにも。

だから、心が和み、とにかく温まるんです。

この3日間で、再認識したことは
『自由』な感覚を大切にすること
そして関わる人には
『公平』に接すること

来てよかった!!!
そして、これからも学び続ける場になります。
ありがとうございます。
[PR]
by tomomo05 | 2014-08-21 11:51 | 生きかた

3月20日記載

最近強く思うことは

あたりまえなんですが
お金を使う時は、心が表れるなあ、と。
いただく人にはもちろん感謝ですし
使い方で、自分に必ず返ってくる。

食も同じ。
味自体がおいしくなあれというだけでなく、食べる人それぞれ違う味覚にも合うような、もっと広い意味の幸せが応援できたらなあ、と。

使う素材は丁寧に。かける時間も。
「いただく」ということは、血となり肉となり、そしてその人そのものの本能となる。
心自身をつくりあげるもの。

いい加減な簡素な食事は、その時の自分を表すもの。

必要ないときはとらず。
必要な時は、(口にあわないものでも)いただき、
身体を作る元になることに、感謝の気持ちだけが残る。

小食は
本当に身体の軸をつくるものだなぁって感じます。

自宅にいると、どうしてもそんな環境が難しくなるので、ちょっと辛くなる時があります。。。
でも、そんな現象にも感謝ですね。

これから三日間は高知。
どんな食に逢えるかなあ(^ ^)
すっきりシンプルになれますように!
[PR]
by tomomo05 | 2014-06-07 17:35 | 生きかた

すきなコトバ

わたしの目標とする生き方。
つい最近、これでいいのね、と思うこころのつかえが溶けた一瞬があった。

そしたら
この言葉を書き留めていたことに、気づいた。


「あなたの中の最良のものを」

ひとは、不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、ひとを愛しなさい

あなたが善を行うと
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく、善を行いなさい

目的を達しようとするとき
邪魔立てするひとに出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい

善い行いをしても
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく、正直で誠実でありつづけなさい

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい
けり返されるかもしれません
でも気にすることなく、最良のものを与え続けなさい

マザー・テレサ/石川康輔訳


●来月2月2日、
1/4の奇跡の上映会をします。
上記のことを、自分にあてはめて、もう一度、
初心にかえってとりくみたいと思います。
[PR]
by tomomo05 | 2014-01-17 01:39 | 生きかた

海外のこどもたち

派遣の友達と、
お互いアジアの国に行った時に感じたこと、話しをしてた。

彼女は30歳。
悩んでいる時は、海外旅行1人で行くのおすすめ!と言っていた。

半年だけだけど海外に行って考えがかわったと言う。

まるで海外旅行好きじゃないし日本が一番好きだし、長期に海外に行くのはもうこりごりらしい、
でも行ってよかったと。


大変な思いをたくさんしたら、生きる力が強くなったこと。

悩んでいる暇なんてなくて、その時その時決断していかないと学べる時間に限りがあることに気づき、決断力もついたこと。

色んな方にお世話になったから、人に頼ることも覚えた。
また色々な人に助けてもらったから、今度は助けようと思ったこと。

お金の大切さも分かる。
お金を稼ぐのも使うのも大切なこと。働けるのは幸せだ、ということ。

彼女はかなり悩んでいる時に海外に行くことを選択。帰ってきた時には解決していたらしく、海外の旅、出逢いに救われたんだ、と話してくれました。

彼女の分野は、スリランカ。
この前のタイの孤児院の話をしたら、ぜひ行かせて!と言ってくれた。

海外の暮らしも
生きる知恵を与えてくれる。
子どもたちの暮らしに、
大人のわたし達が、どれほど成長させられてることか。。。

貴重な出逢いに感謝します。
[PR]
by tomomo05 | 2013-09-17 08:58 | 生きかた

当たり前に感じること

当たり前のこと。

『未来』は、わたし達各々の自由な夢、
『今』は、小さな夢の芽を育むため、周りとの共生で成り立ってると思う。

日常起きる予想外のハプニングも、全て未来の道への応援団、

って考えると、
なんてありがたい。
細かい事も動ずる事なく、日々成長していけるじゃない?

ひとつひとつの会話も、そう、
細かい手段にこだわってしまう癖、

もったいないですよね。
[PR]
by tomomo05 | 2013-07-05 00:33 | 生きかた

半年のまとめ【決意】

もうすぐ1年の半分がおわる。
自分は目標かかげても、それを実生活に落とし込んでいくの、苦手だ。

でも、そうやって、この歳を重ねていくの、
無駄に時間をかけてしまうの、直そうと思う。

まとめてみた

やれること
やりたいこと。
遠い先の世の中のこと、
今わたしにできること。

どんなことでしょう。


①身近な事でいう

【販売を通して・できること】

『お野菜』をただ届けるだけでなく、
この野菜がどんな場所で
どんな人が作っているのかを知っていただくために、
県外から県内へ、町外から町内へお客さまに来ていただくこと。
それは、野菜たちがその地域にお客様を招待する手段になるよう、つなげられないか、ということ。


②次にできること

【人を受け入れる体制づくりとして】=自分事としても!

移住場所兼活動地域である集落を、
人が泊まれる場所として、また、村内の方もひとやすみできる場所として
外部と内部の方々との交流場所として、機能させていくことができないだろうか、ということ。


③最終的にめざすこと

【手仕事について】

集落の方に何度も教えていただきながら手仕事を習う、
手仕事を受け継ぐこと
また、それに連動して、
わたしが地域に入ることで、人や資源に焦点をあてたローカルツアーの企画や
ガイドとして活躍の機会をつくっていけないだろうか、ということ。

⇒大人からこどもへ
世代を超えた魅力あふれる場づくり

⇒手仕事をしている大人を見て、
こども達が立派な大人になる想像できるような環境。
自分も学び成長する中で、温かい家庭を築いていきたい。


※番外~その過程のこと~

●節電、無農薬など『真面目』で『正しい』事をするのは当然かもしれないけど、
その中で、センスよく長続きして、周りのオッチャン達も楽しんで、協力?自らの楽しみ?しながら一緒にやっていける、そんな雰囲気をつくる

●その地域をスキでいる人たちが集める。
[PR]
by tomomo05 | 2013-06-26 23:24 | 生きかた

また話そうよ

「また話そうよ」

題名、なんてつけようと思いましたが
これしか思い浮かばなかった。

さきほど、友人の訃報を知りました。半日経ってました。
わたしにとっては家族でもない、
友人、親友、とも違う存在の、人。

こういったFBを通して、
今でもなお、日本中の彼を知っている全ての人が、
彼のことを想い起こし、感謝の念を抱いていることでしょう。。。。

わたしもその一人です。

ボランティア活動を共に続けてきたNちゃん。

初めて出逢った時、その不自由な身体に驚いた。
不自由だったから驚いたのではなく、
可能性が幅広いから、それに驚いたんだっけ。

小さな身体で、一生懸命歩いて
小さな身体なのに、たくさん食べて
小さな身体なのに、移動距離がハンパなくて
人一倍身軽で、知識も豊富で、情報量も莫大、何よりも心温かい。
一般常識も、精神的な部分も、いろんなこと兼ねそろえた、スーパーマンみたいだった。


そんな人が旅立ちました。

周りの人みんなを応援してくれる、頼もしい存在。
わたしもいつも元気づけられた。

あえて「羨ましい」とは言わない彼は
何度かわたしに言ったことがある。

「いいなぁ~自由に動き回れて」
地域を回っていた時に、笑いながらかけてくれたっけ。
いろんな事を見たり聞いたり感じたりした地域の事を、いっぱい話できたらいいなぁと思った。

たわいもない悩みにも、付き合ってくれて。
自分事のように、起こった現象を冷静に裏付けしてくれたりした。
心の現れと、目の前に起こる出来事は、とても密接だって事、解読して彼はよく教えてくれた。

よき理解者であり、
よき相談役でもあった。

最近はイベント時でしか会えず(わたしが忙しそうにしてるから)
「今度また話そうよ」
そう言っていつも別れてた。
Nちゃんの場合、彼の存在からどんどん友人が増える一方なのに、
ちゃんとひとりひとりに目をかけてくれるんだよね。


昨年末もそう。「また話そう」

「いってらっしゃい」
「ありがとう」
「またね」

そう別れの挨拶があるなら、
Nちゃんには、こう言いたい。

「また話そうよ」
その言葉は、いつも自分の励みになる。

今までありがとう。
重い身体を抜けて、自由になって
今までの分、いろんな地域を自由に飛び回ってね、

そして、またいっぱい語ろう。

悲しみでは涙でないわたしですが、
今夜は正直、目頭が熱くなります。
[PR]
by tomomo05 | 2013-02-07 01:39 | 生きかた

友達からの視点

友人のるいるいがステキな想いを語ってくれました★

愛おしいマザーテレサの言葉。
今のわたしのタイミングにぴったり。

****************************************

まず
「自分が幸せにならなければ
人を幸せになんかできない」
という思い込みを
捨てる必要があるかもしれない

なぜなら
人の幸せを手伝う事から
自分の幸せも
はじまっていくのだから

Byマザーテレサ

===============


私が苦しかった時に
「るいるい自身が幸せになれないと
周りの人を幸せにできないよ」

と多くの、本当に多くの人に言われました

でも暴力的な形で幸せを奪われて
「幸せ」を思い出せなくなっていました

だから
「るいるい自身が幸せになれないと
周りを幸せにできない」は
この言葉がすごく苦しさを増やしました

それよりも
私が活動を始めて
沢山の人に「ありがとう」の言葉や思いに
自分の存在が誰かの喜びになる実感が
少しずつ取り戻せて行けました

だからあなたが自分自身に苦しんでいるなら
苦しくてもひとつ誰かの喜びのためにアクションを
起こしてみるといいと思います

疎遠になっている人に手紙を書く
バスの運転手さんに
「ありがとうございます」と言う

その先の笑顔を想像して。。。

震災の被災者の方に対してもそうだと
思います

あなたが笑わないと
子ども達も笑えない
と押し付けるのではなく

あなたの存在が喜びになってる

という実感が生きる力になっていくと
思います

私はそんなお手伝いをしていきたいです

るいるい

**************************************

るいるいのきづきを
わたしなりに当てはめると


その「自分の幸せは」
全て「周りの人の幸せを考えること」に値することだから。

そうはっきり言える自分を確信し、それに生きようと思いました。
[PR]
by tomomo05 | 2013-01-31 23:15 | 生きかた
最近

「ちょっとひと手間を惜しまない」
ことを心がけてるようにしてる。

それは回りまわって自分にやってくる~。

わたしはやってるそばから
次やることが頭に浮かんできて。

完結しないうちに手をつけることが多い!イカンイカン。

大好きなものづくりをするのも、
ひとつひとつ完結させてから、次。

片付けるのも、面倒な事をやり終えてから、次。

次の人がやりやすいよう準備する余裕さえもつけながら、、、次。

そうすると
結局キレイな環境の下で
作業がスムーズに進み
能率もあがり
なにより気持ちよく

そして周りに喜ばれる。

生活、そのまんま。
性格、そのまんま。

出るもんですねー★
[PR]
by tomomo05 | 2013-01-31 23:05 | 生きかた

“今”

「物事、思いついたらすぐに!」

わかっていてもなかなかできないもんだった。
頭つかって要領よくしようとするとするほど、物事はたまっていく・・・(汗)

そしてそれに関わる循環も、滞っていく。

あれやこれや
あれもこれも。

やることいっぱいのオフの日。
結局、掃除・洗濯・ミシンがけに、夕食づくりに・・・山ほどだったけど、
ひとつずつ丁寧に心がけていくと

大して急かしてないのに
全てスムーズにいくもんだ。

周りも流れるようにトントン拍子。
手間かかると思うことも
寒いから後で陽が出てから・・・などと延ばすことなく

「今!!」と思ってやると

結果、見事にこなされていく

なんでも『まず動く』ことからなんですね。
もちろん『考える』ことも『動く』こと。

全て「今」を全力に、丁寧に、動くこと。

明日からも
頭も身体もフルカイテン★
そして、もちろん休むのも、全力(笑)
[PR]
by tomomo05 | 2013-01-31 23:04 | 生きかた