日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:イベント( 18 )

手仕事上映会@鎌倉

昨日日曜でひとくぎり。
以前から一度は観たいと思っていた、上映会へ。
c0153732_17595431.jpg

その名も
『暮らしと手しごとをたどる上映会』

先週はさすがに予定を詰め込み
場所が鎌倉…ということで、気持ちがぶれましたが…

しかし、、、、とっっっっっっっっっっっもー貴重な映像でした。

自分のテーマは
『こども』
『食』
『暮らし』
その中で、伝統的な考えや技術を残していきたい、
という想いがあるのですが。

実はその想いも折れてしまうくらい、衝撃的な暮らしを垣間見ることに。
30分~45分ほどの映像ですが、
その中で何度も「信じられない」ほどの技や生活が出てくるのです。

【木地師】
【竹縄をつかう文化】
ご存じでしたか??

木地師の存在、50年前には存在しなくなったといいます。
姫田忠義さんはこの映画を作る際、ようやく奥会津で木地師の一家と出逢う事ができたそうです。
一本の巨大ブナ木を選ぶ目。そして斧でひとりでものの40分で倒し、
その木からいくつものお椀の大元を作り出していきます。
女性はだいたいの形を整え、漆椀へ運び出される、
彼らの貴重な収入源になるそうです。

お椀づくりのために、山を転々とする、まるで移住民族のよう。
それにはまず、住まいを作る。家づくりから始まるんです、
木を伐り、運び、壁を葉っぱで囲み。水を100M先から水路を作る。

生活全てが、生きぬく知恵であり、芸術であり、伝統である、と感じます。
今のわたしたちの生活からは、とても想像できない。
もちろん身体のつくりからして、全く違うでしょうけど
たった50年が、とても長く深く濃く、分厚い歴史に感じ
わたしはとにかく衝撃…としかいいようがありませんでした。

一日一日、もっと深く考えていきたい
今はただその気持ちだけ。

宮本常一さんの
「山に生きるひとびと」もう一度読んでみたくなりました。
[PR]
by tomomo05 | 2014-06-07 17:59 | イベント

4月19日アースデー

【おうえん】
高知→浜松から帰り、
翌日19日は代々木のアースデイにお手伝い。
c0153732_17562585.jpg

今回の理由は、
高知へ行き来してる時につながりで知り合った人
『しあわせみかん山』のおうえんでした。

自然栽培で何度も苦難をのりきって
今必要なのはサポーター。細く長くおつきあいいただきながら、
とにかくおいしく安全なみかんを、食べてもらいたい、という一心で
みかん山を再生しています。
http://www.shiawasemikanyama.jp/

わたし出逢ったのは3年前。
先日訪問したときに、寺田本家さんの五人娘が祀られてあることを知り、びっくり^^寺田本家さんとは、千葉のお蔵に何度も行きましたもの~なつかしく大好きなご家族です、(もちろんお酒もすべて元気が出ますし!!)

今回『自然栽培』つながり・そしてなんといっても寺田本家さんのご厚意で少しスペースをいただいたわけです。

全国から集まるとっても貴重な時間、アースディ。
みかん山のMさん、この日のために上京し
数時間で目標の人数にお知らせすることができました。
全て、お客さまと寺田さんのおかげです。
本当にありがとうございました☆

わたしはとにかく販売が大好きですし
何よりも、ご縁のある寺田さんとみかん山さんの間でご一緒できたこと。
そして、(本家さんのブースにいたことで)
たくさんの知り合い・農家さんや料理関係の方、そして友人もに再会し、おつなぎできた?事に、
嬉しく思います。

発信する場がある、って本当に貴重です。
この日はアースディ。
地球に・宇宙に・全ての人に感謝する一日になりました。

ありがとうございます。
[PR]
by tomomo05 | 2014-06-07 17:57 | イベント

大好きな船越さん

今日は特大のプレゼント★

大好きな船越さんの講演会。
二転三転して、聴けるようになった!

ほんっっとに!!脳みそと身体と心が震えた時間だったー

初めて聴いたのは5年前。

その時からすぐに重ね煮活用者になり
大量料理にも大活躍♪
お野菜の不思議な味とチカラを日々実感して、料理が一段と楽しくなったんですよね。。。

そんな船越さん。
変わらずパワフルな話をしてくれた

全てが“今”のわたしにピタリ。

『マクロビ』の型をやぶった考え。
あくまで目指すのは健康ではなくて、大好きなことをして幸せに「生き抜く」こと。
そのための元気な身体づくりとして、玄米食などはある。。。

そして、その外側にはもっと深い深い概念が。
「幸せを求めていると、幸せになれない」」
そうそう、これ、さっき友人の文章にあったわ♪

生まれてきた一人一人、全く違った「生きるテーマ」があって
「自然の配慮」に間違えはない。

当然未来を幸せにしたいなぁと、皆思うけど、
それは『今』の幸せの積み重ね、により・・・
もともとは『過去』の積み重ねでもある。。。

だから、
『過去』を理解しながら、かつ
『今』を肯定できるかってことにつながる。

日々の生活、肯定してる??
自分の心に聞く。

「できない理由を言わない」
「今できることをする」
「丁寧に生きる」

そうすると、願は叶うってサー^〇^
(↑コトバ足らずで伝わりずらくてゴメンナサイ!)

開演ギリギリまで
行けるか行かないか、今日は自分次第の仕事日程だった。
周りの流れに任せれば、断念してたはずだけど、
「聞きたい」という気持ちの方が大きく、後ろ髪ひかれる想いで早退。

自分の心に行動が伴ったこと、そのこと自体に感謝。

あ~

世の中の渦?波?ってホントすごい。
日々周りで起こること、出逢うこと、話すこと、感じること、
「自分自身」が関われることなんてほんのコレッポッチなのに、
そのことで、周りに影響及ぼしたり、今も未来も変わったり。

全てがほんま愛おしいと思う。

コトバが見つからないですが・・・
とにかく!
存分に〇〇しつくした日々を送りたいと思う。

明日は頭切り替えて
自分自身の時間~♪
c0153732_23191346.jpg

[PR]
by tomomo05 | 2013-01-31 23:20 | イベント

写真展

c0153732_241755.jpg

福島のお母さんからお便りが来ました★

東京でやる写真展の案内~

その方のご友人。
有機農業をするために家族と動物と共に福島の山の中へ移り住んだ、想いも環境も近い人の写真展だそうです。

東京にいらっしゃる方、
お時間ありましたら、ぜひ。
http://imaonline.jp/ud/exhibition/4f6aabfd1e2ffa1578000001

わたしは東京帰ってきてから会いに行く予定★
作者とも、福島のお母さんとも会えたらいいな。
[PR]
by tomomo05 | 2012-05-25 02:41 | イベント
被災地から帰ってきた翌日、
以前から予約してたシンポジウムに出かけます。

5月14日。

明治学院大学で開催されたもので、大盛況。
http://www.alterna.co.jp/5668

トランジッションタウンの概要、
藤野と葉山の代表から話が始まります。
「脱石油」「脱原発」というエネルギー転換をヒトツの切り口として考えながら、最終的には「脱依存」という考えへ。
便利・快適といわれる現代社会(=身の丈を超えた社会)に振り回されないように、というメッセージです。
身の丈を超えた社会・・・「エネルギー」の考えに返ると、
「石油や原子力などの再生不可能なエネルギー」に代わるのは、なにも「風力や太陽光」でだけではなく、創造力でもある。市民から起こる再生可能なエネルギーだ!とする考えです。

みなさんのトークに一環する言葉は
【レジリエンス】=底力=しなやかな強さ

何かあってもまた戻ってこれる、立ち直れる「再起力」
一見無駄に見える。いつもは不要なものであり遊軍ではあるが、
長期的な時間軸として考えると本当に大切なものが見えてくる。
今の世の中は、短期的効率のみを重視する傾向。今さえよければ・・・という考えが天敵。

枝廣さんは大変わかりやすいメッセージでした。
世代を超えた人たちに納得のいく話。
特に「レジリエンスのあり方として行動起こす時
「世界にとって“よきこと”をしていても、行き過ぎず、止まることができるか?」
「足るを知り、そこで止まる知恵を養う」=どこがリミットなのかを見極める
ことが必要だと。


藤村靖之さん(非電化工房主宰)からのメッセージには、
「稼げば稼ぐだけ・・・」「大きいことをやろうとすると抵抗力はより大きくなる」
「いいことを楽しくやって幸せ」「世界を変えることはできないけど、自分達の生活をよくすることはできる」
こういった考えを一人ひとりが持つことで、結果世界が変わっていく。

「小さければ小さいほどいい。小さな花をたくさん咲かせて、それを全国に広めてください。そういう形でしかこの国は 変わらないかもしれない」と。

トランジッションの考え方がとてもしっくりきます。
そして今、震災をきっかけに更に必要性を感じます。

ひとりひとりが
無理なく
楽しく
目の前のある、必要な求められている小さなこと
こなしていく。

みんなで
ひとつひとつ。
[PR]
by tomomo05 | 2011-05-18 12:27 | イベント

カコチャンの講演会

昨夜はチョコチョコご報告してましたが
改めまして★

1月30日は
チーム宇宙の約束で、発足3周年記念イベントが開催されました!
c0153732_10322338.jpg

場所はココ大久保教会。
今回は上映会ではなく、主演のカコチャンを読んでのたっぷりの豪華イベント。
いのちのつながりをテーマにした、朗読もあり、100名さまのお客様に深く楽しんでいただきました。
c0153732_10344114.jpg
c0153732_10345247.jpg
c0153732_1035391.jpg

そんなわたしはこのスタッフに関わるのも1年ぶり…
それでも快く受け入れてくださり、とても懐かしいメンバーと想いを共有することができました☆ありがたい話です。
c0153732_10363814.jpg

▲物販メンバーも笑顔で応対
c0153732_10365495.jpg

▲不動の字幕スーパーメンバーは、最強です!
今回は耳の不自由な方々がみえていたので、心強い味方★大活躍です!
c0153732_1037489.jpg

▲カコチャンは講演&質問タイムの間、ずーっとサインサインサインです
一冊ずつ丁寧にキモチをこめます
c0153732_10371362.jpg

▲最後は、ここ教会にふさわしいゴスペルの歌声が建物いっぱいに響きます
なんともいえない、この瞬間。
今回は手話も取り入れてくださり、わたしにとっても大変興味深い時間でした

今回はわたしにとっても節目なキモチがします。
久しぶりに会う人たちも、それぞれ変わっていき、それぞれ新しいステージでがんばっています。
スタッフも初期メンバーとは入れ替わり、その時その時に必要な方々がこのイベントを支えています。そして自らもこの関わりによって成長していきます。
ただヒトツ、『チーム宇宙の約束』の柱は変わりません。
代表も、その事務局を担っている主力も変わりません。
そして、カコチャンの話も変わりません。
いつ、どこで開催されても、同じ気持ちでいられる仲間がいるからこそ、
入れ替わり立ち替わり人が変わっても、受け入れてくれる、気持ちをまっさらに戻してくれる、そんな力があるんだろうと感じています。

久しぶりに気持ちいい風に居ました。
精錬された、キレイな空間でした。

3周年にふさわしいカコちゃんの想いが、
この教会から流れたんではないでしょうか。


『大好きが嬉しい』
『気持ちを伝える』

そんなコトバが忘れられません。

「きれいなものをキレイと言える」
「楽しいことを楽しいと言える」
「嬉しいことを嬉しいと言える」

当たり前のことの大切さを、身にしみて感じました。

これからもチームの人たちは、いつも元気いっぱいで、皆さんをお迎えすることでしょう★
c0153732_1054461.jpg

ありがとうございました!
[PR]
by tomomo05 | 2011-01-31 10:54 | イベント

三周年講演〜その6

c0153732_17241862.jpg

最後のお楽しみ〜

教会でゴスペルなんて最高っす!

みなさんにも届きますように
[PR]
by tomomo05 | 2011-01-30 17:24 | イベント

三周年講演〜その5

c0153732_1715199.jpg

カコチャン見学者の方々の意見交換の場

初めての試みです
[PR]
by tomomo05 | 2011-01-30 17:15 | イベント

三周年講演

c0153732_16535215.jpg

只今カコチャンのサイン会
すごい列です

[PR]
by tomomo05 | 2011-01-30 16:53 | イベント

三周講演〜大久保教会

c0153732_16112345.jpg

プーさんのお話です

『伝えることの素晴らしさ』
意思伝達の重要性をカコチャンは訴えています
[PR]
by tomomo05 | 2011-01-30 16:11 | イベント