日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

八千穂の森のようちえん「ちいろば」

c0153732_0334518.jpg

『こどもを育てていくことが、世界を平和にする』
かもしれない。

八千穂にいた2週間、わたしはそう感じる。

森のようちえん「ちいろば」さん。
まだまだ始まって2年目です。

それでも研修先と選んだ理由は、
純粋で前向きなこどもたちとその家族、そして地域性。
もちろん保育士のNホご夫妻のお人柄によるものです。

保育士としての立場と
保護者としての立場と
それを取り巻く環境と

全てが一体になってこその運営は
それはそれは難しいものだと思います。

しかし、それをいろんな側面から惜しみなく伝えてくださり、
実際保育現場に入ることで実感できるこの期間は、
大変実りあるものになりました。

先日19日日曜日に
あるお祭り「えんがわ」が開かれたんです。
こちらに参加できたことが大きかった!

お母さん達が、この秋まつりのために
春から企画し始めたとのこと。

わたしも以前、地域のマルシェなどで
企画や販売をさせていただいてましたが、
こちらは
『こども』がいる保護者主体のもの。

内容はもちろん、
想いも、できる範囲も時間にも限界があるようにみえるかもしませんが、、、どんどん可能性が広がっていきました。

『こども』の存在はそれはそれは大きいもの。
根っこにある【子を想う】気持ちは
全ての行動において、
【相手を思いやる気持ち】と通じますね。

【一個人の存在も認める】
ことにもつながる。

1日の内容はもちろん楽しいの一言ですが
それ以上に、
ちいろばを取り巻く環境と人に、よい“気”を感じていました。

平日は保育。
休日はその他のお手伝いも兼ねて
めいいっぱいの2週間も、日々のメリハリがあり。
わたしは大変体調がよく、疲れもまるでありません^^

以前3日間お世話になった時と比べて
子どもたちの顔の奥が、ちょっと先までのぞけたかしら。

各ご家庭のお母さんたちの愛情も含めて
これからも【育つ・成長】の現場に関わりたいと感じました。

“広い心を持ったおばあちゃん”になりたい
と思った10年前。
“おかあさん”の立場を通り、その先にあるものなんですよね。
どんな人にとっても
お互いを認め合いながら生きていく。

楽しく、きもちよい環境と関係性が築いてけることを望んで★

それにしてもこの季節。
八千穂の秋・すばらしい景色とおいしいお食事を
たくさんいただきました~!!
[PR]
by tomomo05 | 2014-10-27 00:28 | 子ども