日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

トランジッションタウンシンポジウム

被災地から帰ってきた翌日、
以前から予約してたシンポジウムに出かけます。

5月14日。

明治学院大学で開催されたもので、大盛況。
http://www.alterna.co.jp/5668

トランジッションタウンの概要、
藤野と葉山の代表から話が始まります。
「脱石油」「脱原発」というエネルギー転換をヒトツの切り口として考えながら、最終的には「脱依存」という考えへ。
便利・快適といわれる現代社会(=身の丈を超えた社会)に振り回されないように、というメッセージです。
身の丈を超えた社会・・・「エネルギー」の考えに返ると、
「石油や原子力などの再生不可能なエネルギー」に代わるのは、なにも「風力や太陽光」でだけではなく、創造力でもある。市民から起こる再生可能なエネルギーだ!とする考えです。

みなさんのトークに一環する言葉は
【レジリエンス】=底力=しなやかな強さ

何かあってもまた戻ってこれる、立ち直れる「再起力」
一見無駄に見える。いつもは不要なものであり遊軍ではあるが、
長期的な時間軸として考えると本当に大切なものが見えてくる。
今の世の中は、短期的効率のみを重視する傾向。今さえよければ・・・という考えが天敵。

枝廣さんは大変わかりやすいメッセージでした。
世代を超えた人たちに納得のいく話。
特に「レジリエンスのあり方として行動起こす時
「世界にとって“よきこと”をしていても、行き過ぎず、止まることができるか?」
「足るを知り、そこで止まる知恵を養う」=どこがリミットなのかを見極める
ことが必要だと。


藤村靖之さん(非電化工房主宰)からのメッセージには、
「稼げば稼ぐだけ・・・」「大きいことをやろうとすると抵抗力はより大きくなる」
「いいことを楽しくやって幸せ」「世界を変えることはできないけど、自分達の生活をよくすることはできる」
こういった考えを一人ひとりが持つことで、結果世界が変わっていく。

「小さければ小さいほどいい。小さな花をたくさん咲かせて、それを全国に広めてください。そういう形でしかこの国は 変わらないかもしれない」と。

トランジッションの考え方がとてもしっくりきます。
そして今、震災をきっかけに更に必要性を感じます。

ひとりひとりが
無理なく
楽しく
目の前のある、必要な求められている小さなこと
こなしていく。

みんなで
ひとつひとつ。
[PR]
by tomomo05 | 2011-05-18 12:27 | イベント