日々起こる自然と食と人との出会い・・・わたしの元気の源!お届けします★


by tomomo05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

所沢の有機田中さん

昨日の話。

連休をいただいてたわたし。
昨日は2年前からお世話になった、所沢の有機農家さん「田中農園」の田中和義さんに
会いに行きました★

田中さんとの出会いは2年前の秋。
ワタシが農家さんのお手伝いをし始めて2年目の頃でした。
友人から「こどもの食育活動」というテーマで紹介を受けたことから始まります。

生まれながらにして農家さんが、自分から小学校に「食育」の大切さを説いて回っているのです。ご自分の作業は当たり前に大変なのに。それでも「これからの子供達」に知ってもらうことが大切、と有機農業の必要性をこどもたちに伝えていくのです。
そしてまた話がおもしろいんです!!農家さんは口ベタ、という自分の偏見が逆転です~
麻井の母親とおない歳。
そして家族構成もほとんど同じ。長男の和人さんの奥さんのあやさんとは同い歳なんですよ。
だからいろんな話が通じます。
そして皆さんからたくさんのアドバイスをいただきます。

知り合ってからまだまだわずかですし、まだ2年経つのに数回しか通っていないのですが
何でも話ができる、温かい農家さん。とても貴重で大切な存在★

京丹後に関わってます、という報告も、心から応援してくれます。
そして心配させるなよ、と家族の代弁もしてくれます。

なぜか田中さんは京丹後に詳しい。
行ったことあるから、と話してくれるが、本からの知識や歴史好きとのこと、本当物知り。
日本中詳しそうだ。それでハワイにも詳しいとかいったら、かなりショックだが(笑)

田中さんといろんな話をしてふと感じたのは、

ワタシは今、“京丹後”と関わっている理由。
『こども達の企画』があるから。
好きな販売。好きな地場産のもののに囲まれながら「こどもの企画」が必要な環境がある。
そのタイミングを生かして自分の成長のヒトツにしていけたら、と思います。
『食つくり』と離れてしまうのではという不安があったり、
自分が関わってきた土地と両立できなかったり、という気持ちもあるのですが
とにかく、自分で見つけてやってきた事に、もう少し関われる機会があるのなら、
チャレンジできる時間をめいいっぱい使ってみようじゃないか、と思っています。

田中さんはこんな人です!

京丹後の有機農業をやられてる人の話をしたら、会った事あるかなぁ~って(笑)
知人だったら笑えますね。

c0153732_2249298.jpg


昨日は貸していただいた本を返しにいったわけですが
これからも田中さんファミリーとは末永くお付き合いしたい、と
心から強く願ってます。

どうぞよろしくお願いします★
おしゃべりしに行ったのに、帰りにたっくさんのお野菜いただいちゃいました。

今夜は、小松菜おひたし、青梗菜炒め、大根葉っぱごはん、大根サラダ、ニンジンポタージュ
一気にフルコースでした~

身体中、元気がみなぎります!
[PR]
by tomomo05 | 2010-12-07 22:52 | 農業